SONY NEX-5Tの画質&使用感はいかに!? - りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々
FC2ブログ

りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々

デジモノや食品などの商品レビューや趣味のこと、その他様々なことを不定期で19時に更新しています

SONY NEX-5Tの画質&使用感はいかに!?  

 
皆さんこんにちはこんばんは!
9月に入り、仕事で多忙なのですがブログはきっちりと更新します(笑)
ということで前回のSONY NEX-5T開封編の続きということで、今回はNEX-5Tの画質&使用感編です!


NEX5T.gif


まず使用感から書きますが、結果としては満足です
しかしこれは僕個人の満足度であり、決してカメラとしての完成度が高いということではありませんのでそのへんのことを詳しく書きます


IMG_3879.jpg


まずボタン類の操作感ですが、これに関しては不満はありません
きっちりとしたクリック感があり、ボタンが押しにくいことも無いです
クリック感に関しては不満はないと言いましたが、その反応に関しては不満ありです
シャキシャキした反応ではなく、なにをしてもワンテンポ遅いと感じます
メニューの立ち上がりもそうですし、インターフェースの反応も若干遅いです
僕はメインで使っている5D mk3がシャキシャキなのでそう感じるだけで、ライトユーザーにとっては普通の速さだと思います


電源スイッチをONにしてからの起動も例外ではありません
体感ですが撮影可能状態になるまでに1.5秒くらいはかかると思います
パワーズームを搭載したレンズなので、それが撮影可能状態になるまでのラグもその一因だとは思います
スリープモードからの復帰も早くはありません
起動速度の問題はレンズをパワーズームでないズームレンズが単焦点レンズにレンズを変えることである程度は解決すると思います


レリーズタイムラグ(シャッターを押してからシャッターが切れるまでの時間)も少しはありますが、これはそこまで気になることはないです
ファストハイブリットAFもあってストレスフリーにサクサク撮れますし、この点では不満はありません


液晶画面の表示速度のラグはほぼ皆無に感じます
実際は0.1秒とかで遅れが生じてはいるのですが、使う上で問題になることはありません
快適ですしザラつきもカクつきもないなめらかな表示です
タッチパネルを搭載しているのでタッチシャッターが使えますが、習慣がないのと両手を使うことになるのが不便で使いませんでした(笑)


IMG_3970.jpg


キットで付属してくるレンズ、SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSはとってもコンパクトで使い勝手も良いです
レンズ本体にはフォーカスリングと、パワーズームのレバーしか無いため手ぶれ補正をOFFにするには本体側から設定をしないといけませんが、このようなカメラではほとんど手持ちで撮影すると思うので手ブレ補正をOFFにすることはないでしょう
よってレンズには必要最低限なスイッチ類しかありません
電源OFF時はとっても鏡筒がコンパクトで、NEX-5Tのサイズとの組み合わせであればレンズを着けたままポケットにいれることも可能です(ポケットが不自然に膨れます)


IMG_3971.jpg


電源をONにするとレンズが電動で伸びます
だいたい倍の長さになりますがそれでもコンパクトに思えます
パワーズームの挙動はスピーディーでありシームレスです
DMF(ダイレクトマニュアルフォーカス)モードとMFモードの際にはフォーカスリングとして昨日します
電子検出式なので挙動が気になるところですが、回転の強弱をしっかりと認識してくれます
それ以外のモードではズームリングとしても機能します
動きは極めてスムーズで、まるで電動では無いかのように1mm単位で焦点距離を動かすことが可能です
素早くリングを動かすと広角端から望遠端まで一気にズームすることも可能です
普通のヘリコイド式のズームレンズのような使い心地です


しかしここでもやはり若干のラグは感じます
かなり優秀な方だとは思いますし、使い方が決まっているカメラなので気にはならないと思います
気になる方はそういうカメラを買えば良いわけです


OSS(手ぶれ補正)の動きはとっても自然でカクつきは見られません
CanonのISに似たようなフィーリングです
なので動画撮影にも十分使え、不自然な結果にはなりませんでした


IMG_3978.jpg


さて、ここからは気になる画質編です
前回も書きましたがこのNEX-5Tに搭載されているイメージセンサーは、有効画素数約1610万画素です
最近の高画素戦争のなかでは比較的画素抑えめですが、これでも十分高画素です


では早速ですが作例をご覧頂きましょう


DSC00531.jpg


DSC00633.jpg


DSC00654.jpg


DSC00636.jpg


DSC00599.jpg


すべてjpeg FINEで撮って出しです
やはりAPS-Cサイズという大型センサーを搭載していることもあり、色調豊かで立体感のある描写です
ピクチャースタイルはオートで撮影しました
色に関しては割りと自然で好印象です
緑の彩度が若干高くでることがありました
それ以外では特に気になるようなことはありませんでした


全てホワイトバランスオートで撮影したのですが、場面によっては若干寒色気味にホワイトバランスが傾く傾向がありました
気になる場合はカスタムホワイトバランスでケルビンを指定して補正するのが一番だと思います


高感度でのノイズですが厳しく言うとISO800までが僕の中では許容範囲です
ISOが1ステップでしか指定できないので仕方ないのですが、1/3ステップで刻めるのであればISO1000か1250でも許容範囲だとは思います
夜間持ち出すことが無いので厳密なテストは行えていませんが、ISO1600から厳しくなると思います
これはだいたいどのカメラも同じですので気になりません


ボケ味ですが、とっても素直で癖がないように感じます
大型センサーならではの柔らかな背景ボケを楽しむことができます


最後のクロアゲハが写った写真ですが、これは高速連写モードで撮影しています
こういった動くものは追尾AFで撮影するのが基本ですが、NEX-5Tの追尾AFは決して早くないためAF固定で連写し、ピントがきているものを選ぶ方式で撮影しました


タイトルなし


こんな感じで10コマ/秒の連写が役に立ちます
ほんと一瞬でバッファフルになりますが(笑)


やはり価格なりのカメラではあるのですが、この小ささと軽さとAPS-Cの大型センサーが写す高画質な画はとっても魅力的だと思います
スナップショットに最適でサクサク撮るカメラです
じっくり構図やピントを追い込んで撮るようなカメラではないと思います
ですが、その手軽さがこのカメラ独自の機動力であり、良いところです
色々なカメラをスナップショットに使ってきましたが、今のとこと手軽に撮るならこのカメラが一番オススメです!


以上、SONY NEX-5Tの画質&使用感のレビューでした!









今日の1枚


DSC00665.jpg


人生初のドラゴンフルーツ
とっても微妙な味わいで、不可解なフルーツでした
フルーツというよりは野菜なんじゃないかなってくらいの味です
美味しいか美味しくないかと問われると、食べれるけれどもオススメしないと答えるでしょう(笑)
 
スポンサーサイト






category: デジタル一眼

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaze1991channel.blog.fc2.com/tb.php/355-cb906042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)