最近NikonのD810が気になるというお話 - りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々
FC2ブログ

りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々

デジモノや食品などの商品レビューや趣味のこと、その他様々なことを不定期で19時に更新しています

最近NikonのD810が気になるというお話  

 
僕がデジタル一眼レフを始めたきっかけは熱帯魚でした
当時PENTAXのOptio RZ-10というコンデジしかもっていなかった僕は、熱帯魚を撮影した際にそのカメラから出てくるディテールが死んだ写真に愕然としたものです
原因は言うまでもなく高感度耐性の弱さからくるノイズです
デジタル一眼レフという存在を知っていた僕は、そこから徐々にそのジャンルが気になるようになりました


デジタル一眼レフ=画質が綺麗 という考えはあながち間違えではありませんが、当時の僕はなぜそれが=なのかを知りませんでした
答えはもちろんセンサーサイズです
APS-Cもしくはフルサイズという巨大なイメージセンサーが集める光には立体感があり、色彩性に優れています
画素ピッチが広いので小さなセンサーよりもより多くの光を集めることができ、結果的にノイズの少ない写真を取ることができるというのが先ほどの=の答えです
もちろんそれだけではありませんが・・・


そんなと時、とある人がデジタル一眼レフを貸してあげる!と言ってくれました
初めて手にしたデジタル一眼レフはNikonのD3100でした


K0000139404.jpg


今でこそCanon派ですが、初一眼はNikonなんですよね(笑)
当時はドがつく素人だったので、どれが良くてどれが良くないのか右も左もわからない状態でした
それに後に今のようにドハマりするとは思ってもいませんでした


初めての一眼D3100で僕はとにかく沢山の写真を撮影しました
そしてカメラが吐き出す絵に驚嘆しました
ボケるしとってもクリアにディテールを描写したからです
コレだ!!と思いました(笑)
それから僕は一眼レフを某サイトで見まくる日々を迎えました


選択肢は2つでした
Nikon or Canonです
価格的に中級機は厳しかったので安い初級機を狙っていました
最終的にCanonを選ぶことになったのですが、そのきっかけがNikonがD810で解消したある事だったのです(ここまでが前置きです)


D3100が出す絵が若干黄色みがかったものだというのは素人目にもよくわかりました
それがNikonの色なんだと認識していました
ところがCanonは僕好みの透き通った彩度の高い色を出すではありませんか
黄色みがかってない、澄んだ空気を写す感じがわかりました
ようはメーカーの色みが僕をCanonに導いたわけです


そんな伝統の黄色みがかった絵づくりが、最近でたD810で無くなったと聞きました
よりクリアで空気の澄んだ色になり、やや彩度が上がったようです


K0000670648.jpg


実際D810を手に取って試写してみましたが、確かにそんな感じはしました
レビューサイトなどでは、Canonの絵作りに寄せてきたみたいな言い方までされているくらいです
何があったのかわかりませんが、きっとNikonイメージングの中で何かがあったんでしょうね


つまりは僕が嫌だった色が改善(旧ユーザーからしたら改悪か?)したわけで、カメラというメカの質だけで言うとCanonに勝ってると思っています
本心ではどっこいどっこいだと思ってますけど(笑)


今回出たD810の目玉といえば有効3600万画素の超高画素ローパスレスセンサーです
モアレや偽色の発生を抑制する光学ローパスフィルター(OLPF)の効果を無効にすることで、解像感の向上を狙うのが従来のローパスレスでした
無効にするということは、効果がないものをわざわざセンサーの前に配置していたということです


それが今回のD810からは本当の意味でローパスレスになったそうです
今まで効果がないのに配置していたOLPFを完全に無くしました
これにより従来のローパスレスより更に解像感の向上が望めるようになったわけです
『更に』とか言ってますが、その効果は前モデルのD800Eから僅かに解像感が上がった程度のレベルで、どちらかというと解像感の向上よりは色味の改善のほうが目立ってました
でも、確かに解像感は向上しています
これは見てわかるレベルです


有効3600万画素超と聞けば、さぞ高画素のように思えますがそれは間違いです
35mmフルサイズセンサーはAPS-Cサイズのセンサーの2.2倍の面積比をもっています
僕がサブで使っているEOS60Dは有効1800万画素です
単純計算ですが、1800万画素×2.2=3960万画素となります
画素ピッチ(1画素が持つ面積)的に言うと実はEOS60Dのほうが高画素ということになるわけです


しかし、フルサイズセンサーでもそれだけ高画素であればナイキスト周波数が高いので、モアレは出現しにくいことになるんだそうです
それでも出る時は出ますけどね
Canonはローパスレス機を今だ発表しておらず、現在は全機種OLPF搭載です
それが良いか悪いかはどうとも言えませんが、筆者の用途ではOLPFがあるほうが良いのかもしれません(無くても可)


ローパスレスセンサーの次に上げられる特徴はシャッターユニットによる機構ブレの改善です
D800/D800Eで話題になった機構ブレですが、シャッターユニットの見直しによりD810では機構ブレしにくくなったそうです
ミラーのアップダウンをモーターによって行ったり、バランサーの刷新を行ったりと様々な工夫をこらしたようです
一般的に高画素であればあるほどブレが目立つので、今回の対策は正常進化であると言えます
それと同時に前モデルはある意味失敗作であったとも言えますね


デザインに関してはNikon伝統の背が高いデザインです
5D MarkⅢとの比較を載せますので、軍艦部に注目して見てみてください





わかりやすいですよね(笑)
言うまでもないですが、僕はCanonの流線型のフォルムが美しいと感じます
カメラはあくまで写真を撮る機械ですが、愛でる要素も必要なわけで、そういう意味でデザインは重要です


書けば書くほど新機能はあるのです
さらっと書くと、ISOのベース感度が100から64になりました
常用ISO感度は64-12800を達成しました
連写速度がFXフォーマット(フルサイズ)で5コマ/秒を達成しました
DXクロップ撮影では7コマ/秒を達成しました
オートフォーカスが51点AF(内15点がクロスセンサー)になりました
などなど、沢山あるわけです
ちなみに基本性能は下の画像の通りです





ISOベース感度の拡張は素晴らしいと思います
原理的にはより低ノイズで綺麗な写真が撮れるわけです(だよね?)
5D MarkⅢにはないクロップ機能も羨ましいです


しかーし!
5D MarkⅢのほうが一部でポテンシャルが高いと思えます
フルサイズで6コマ/秒ですし、AFシステムは61点で内41点がクロスセンサーです
は?それがどうした?とか思うかもしれませんが、僕にとっては重要なことです
5D MarkⅢは画素ピッチが大幅に広いので本当にクリアな絵が出ます
高感度ではまだ負けてないはず...!


とまあ、若干比較じみたことをいいましたが、D810の進化は目を見張るものがあります
写真、カメラ好きとしては技術の粋を集めた素晴らしい物だと思っています
Canonがこれに対してどう出るかはわかりませんが、今のままの方向でCanonの考える高画質(高ISOでも低ノイズ)を追求して欲しいです
ローパスレスに関してはどうとも思いませんが、無くてもいいかもしれません


ここ最近、Nikonの業績が悪化しているというニュースを見ましたが、これはカメラ業界全般に言えることだと思います
コアなユーザーが少なく、ライトユーザーが非常に多い(多くなった)ことや、スマホもしくはタブレット端末のカメラ機能の高性能化が原因でしょう
技術革新も少し頭打ちなのかもしれません
昨今の交換式レンズの急激な高解像度化のように、何か大きなブレイクスルーがあれば良いのでしょうが、なかなかそうはいかなさそうです


今更鞍替えはしないですが、今後もNikon、Canonの2強には頑張って欲しいですね


終盤でやや話がそれましたが、NikonのD810が気になるお話でございました!
ではでは~


 






今日の1枚


image-6_20140813223554530.jpg


イサキという魚が刺し身になる最中を撮った1枚
脂が乗っていてとっても美味しかったです
実家が日本海沿いなので、帰ってくるとほんとご飯が美味しいです(笑)
 

スポンサーサイト






category: デジタル一眼

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaze1991channel.blog.fc2.com/tb.php/346-9380634a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)