スマホ&TVで! IO DATA Qwatch(クウォッチ)10周年記念モデル TS-WLCAM/V - りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々
FC2ブログ

りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々

デジモノや食品などの商品レビューや趣味のこと、その他様々なことを不定期で19時に更新しています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

スマホ&TVで! IO DATA Qwatch(クウォッチ)10周年記念モデル TS-WLCAM/V  

 
はい、皆さんどうもこんにちは、こんばんは〜
暑い夏の日をいかがお過ごしでしょうか?


こう暑いと、ペットを飼っている方は家にいるペットの様子が気になったりするんじゃないかなーと思います
僕の家にいるのは熱帯魚ですが、我が家の熱帯魚たちも暑い夏は苦手でしっかり水温管理しないと弱ってしまうのです
最悪耐えられなくなって水槽から飛び出してしまう事故もあったり・・・
熱帯地域に住む熱帯魚といえど日本の暑さには完敗です


犬や猫を飼っている方だと、ペットの様子が気になったりしますよね
可愛いくて癒やしであり、立派な家族でもあるので大切なはずです
そんな大切な家族を外出先で見守ることができるモノがあります
それが今回レビューする商品です


IMG_3764.jpg


株式会社アイ・オー・データ機器さんが販売している「クウォッチ(Qwatch) 10周年記念モデル」TS-WLCAM/Vです!


いわゆるネットワークカメラというもので、インターネットの回線を介してスマホなどでカメラが撮影している映像を確認できる優れ物です
今回紹介するものは10周年記念モデルということで、『TVでもwatch(Qwatch TV)』なるものが付属しています
カメラで撮影している映像をテレビで確認することができるようになるという、これまた優れ物です


付属品はこんな感じです


IMG_3767.jpg


Qwatch本体、Qwatch TV本体、AC電源アダプター、USBケーブル、USB電源アダプター、Qwatchの固定器具が箱に入っていました
その他にも取り扱い説明書やわかりやすいセットアップガイドも入っていました


早速ですが、Qwatch本体を見て行きましょう


IMG_3768.jpg


IMG_3769.jpg


ご覧の通り真っ白です
正面にある黒い部分がカメラで、本当に小さいレンズが中心に設置されています
背面にはパソコンと接続する際に必要なMACアドレスなどが記載されたいますが、訳あってモザイクをかけてあります
見た目で分かる通り、とってもシンプルです
アンテナはちゃんと稼働して任意の方向に向けることが可能です


大きさは約66(W)×37(D)×80(H)mmとなっており、アンテナをたためばiPhoneよりも小さいです
そして重量がたったの約90gしかないという超軽量仕様です
こんなので本当に撮れるのかなと心配になるほど軽いですよ(笑)


カメラの性能ですが、対応解像度はSXVGA(1280×960)、VGA(640×480)、QVGA(320×240)となっています
フレームレートはSXVGAが10fpsのみで、VGAとQVGAが最高30fpsとなっています


我が家にはWi-Fiが飛んでいるので、今回はWi-Fiで接続していきます
まずはACアダプターをコンセントに挿し、Qwatchに電源を供給します
次にWi-FiルーターをWPSモードにし、Qwatch本体背面にあるWPS初期化ボタンを1秒押します
コレで接続は完了です
とっても簡単でしょ?
Wi-Fiルーターによっては本体にボタンがあり、それを長押しすることでWPSモードに切り替えたりできるものもあるので、そのタイプだともっと簡単だと思います
慣れれば1分ほどでセットUPを終えられます


これでQwatch側のセットUPは完了ですが、これだけでは映像を見ることができないのでスマホに専用アプリをダウンロードします
専用アプリの『Qwatch View』はAndroid端末ならPlay Store、iPhoneならApp Storeから無料でダウンロードできます


IMG_3780.jpg


アプリを立ち上げると上のような画面が表示されますので、指示にしたがってQwatchを登録します
そうすると登録されたQwatchが写している映像がすぐにスマホの画面に表示されます


IMG_3786.jpg


画面に写っているのは熱帯魚の水槽です
僕は設置から一週間ほど、熱帯魚の様子と水温を確認するためにQwatchを使用しました
そのために必要な条件は途切れなく映像を発信することと、水温を確認できる解像度があることです
ではQwatchが実際に写した映像を静止画にしたものをご覧ください


image-5_2014072121044702c.jpg


どうでしょうか?
けっして綺麗な映像とは言えないかもしれませんが、熱帯魚の様子と水温を確認するには十分なカメラ性能です
ちなみに解像度はVGA(640×480)となっています


アングルが特殊なのは水槽台にQwatchを設置したからです
付属のQwatch固定器具を使うためには固定物にネジ穴を開けないといけないので、簡単な方法を探して自分なりの方法で固定しました


IMG_3815.jpg


Qwatch本体がとっても軽いのでこんな固定方法でもしっかりと固定することができます
賃貸マンションなので流石に壁に穴をあけるわけにはいかないんですよね(笑)


さて、次にQwatch TVを使ってテレビで映像を確認してみましょう


IMG_3772.jpg


Qwatch TV本体の大きさはご覧の通りです
ちょうどフリ◯クの入れ物と大きさが同じだと思います
これをテレビ背面のHDMIに挿し、USBから電源を供給すれば準備OK
あとは付属のセットアップガイドを見ながらセットアップを完了させます
するとテレビでもQwatchが写している映像を確認することができます


image_20140722203651ac4.jpg
※TV画面が暗く写っているのは撮影時のフラッシュが原因です


テレビで確認することに意味があるのか?と思う方もおられるかもしれませんが、テレビで見ることの最大のメリットはテレビならではの大画面で映像を確認できることです
つまり離れた場所からでも確認しやすいということですね
そして両手が塞がることがないので、洗濯物をたたむなどの家事をしながら隣の部屋にいる赤ちゃんや介護が必要な方の様子を見守ることができます
これは便利ですよね
家族の安全確認に力を発揮してくれます


最後に一週間ほど使用してみた感想ですが、今回紹介したような用途では十分すぎる性能があると感じました
カメラとしての性能はもちろん、安定性が抜群です
ずっと見ていても映像が途切れないし、急に接続が切れてしまうなんてことはありませんでした
いつでもアプリを開けばすぐに映像を受信することが出来ますし、テレビですぐに見ることもできます
Qwatch本体がほんのりと熱を持つことはありましたが、熱暴走は一度もありませんでした
この安定性が安心感につながりますね


日に日に暑くなって熱中症や脱水症が怖い季節ですし、赤ちゃんや介護が必要な方、離れて暮らす祖父母の様子確認は大切です
脱水症だと生命にかかわる自体に陥ることも考えられます
それはペットも同じで、暑い夏はとっても厳しい季節です


ということで、そんな大切な家族の安全のためにとっても役に立つ株式会社アイ・オー・データ機器さんが販売している「クウォッチ(Qwatch) 10周年記念モデル」TS-WLCAM/Vのレビューでした!


※このレビューは『ブログスカウト事務局のモニター企画』に参加し、掲載したものです










今日の1枚


image-6_20140721214211a60.jpg


淡路島でのとある場所での夕日撮影の一コマ
ジリジリと落ちる夕日をひたすら待ったのですが、なかなか思うような瞬間は訪れませんでした
こうやってカメラをセッティングして、その瞬間を頭に描きながら今か今かとひたすら待つのも写真の楽しみです
この場所の空気はとても心地よくて、過ぎる時間が惜しいと感じた日でした
やっぱり海って良いですね
故郷を思い出します
 
スポンサーサイト



category: 生活雑貨

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaze1991channel.blog.fc2.com/tb.php/339-7aa359f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。