初のXマウント FUJIFILM X-E2がやってきた! Part1外観編 - りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々
FC2ブログ

りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々

デジモノや食品などの商品レビューや趣味のこと、その他様々なことを不定期で19時に更新しています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

初のXマウント FUJIFILM X-E2がやってきた! Part1外観編  

 
性懲りもなくまたカメラですよ(笑)
しかも全く興味のなかったFUJIFILMのミラーレス一眼です
よくミラーレス機のことを、ミラーレス一眼レフなんて勘違いして呼んでる方がいますが、思いっきり矛盾してますよ
ミラー(鏡)がないからミラーレスなのに、一眼『レフ(鏡)』なんて言ってしまったらなにがなんやらさっぱりです
まあ、ライトユーザーにとってはどうでも良い話でしょうが(笑)


で、コレですよコレ!


IMG_3598.jpg


初のXマウントカメラなので、もちろんレンズキットを購入しました
購入当初の最安値は116,000円程度でした
お高い買い物ですよホント
衝動買いって恐ろしいですよね(苦笑)


根っからのCanon党の僕が何故FUJIFILMのミラーレスを購入したのかというと、これが結構簡単な理由で『良さそうだったから』です
家電量販店でデモ機は触ったことが1回あっただけですし、しかもじっくり触ってないので(興味がなかったから)買う気もありませんでした
が、しかし、とある人が絶賛していたので色々調べてみると、FUJIFILMの本気が詰まったなにやら凄そうなミラーレス一眼じゃないか・・・という流れになり
そこからは光速で、翌々日には家に届いていました(笑)


動物写真家の小原玲も絶賛していましたから、それも少しは後押しになりましたね
カラーはブラックとシルバーの2色がバリエーションとしてありましたが、迷わずシルバーにしました
クラシックな見た目が良いと感じたのと、スナップ写真を撮影するときなんかに警戒されにくいかなーって思ったのも理由です


では開封していきましょう


付属品は別にこれといって変わりはありません
どこのメーカーのカメラを開けるときも似たような感じです


IMG_3549.jpg


充電器、バッテリー、ネックストラップ、ネックストラップの金具、取り扱い説明書、保証書、CD-ROMなどが同封されていました


そしてキットレンズはコチラ


IMG_3548.jpg


フジノンレンズ XF 18-55mm F2.8-4 R LM OISです!
鏡筒のほとんどが金属で出来た高級感あるレンズがセットになっています
広角端の開放F値もF2.8とまあまあ明るいので重宝しそうです
鏡筒にギザギザのラインが3箇所見えると思いますが、上から、ピントリング、ズームリング、絞りリングとなっています
EFレンズには無い絞りリングがあるのが、一番操作で慣れないといけない部分かもしれません
それと本体側でAF/MFを切り替えるのにも慣れなきゃいけないな~
(すぐに慣れました)


IMG_3558.jpg


流石のmade in japanクオリティというのか、僕の運が良かったのかはわかりませんが、レンズ内にチリなどの小さなゴミは一切ありませんでした
素晴らしく綺麗なレンズです
XマウントレンズにはXFとXCという2つのモデルが存在しますがこれはXFです
簡単に言うとXFはFUJIFILMがとても頑張ったレンズで、XCはまあまあ頑張ったレンズといったところでしょうか(笑)
実際に触ってみると良くわかるのですが、XCは明らかに作りがチープな感じがします


そしてコチラがボディです!


IMG_3547.jpg


クラシックな感じでしょ?
フィルムカメラを使ったことがないですし、カメラに興味を持ち始めたころにはすでにデジタルの時代でしたからフィルムのことは詳しくありませんが、俗にいうレンジファインダーカメラのようなルックスです


ボディはマグネシウム合金と強化プラスチックで出来ています
マグネシウム合金を採用したボディですが、持ってみると意外にも軽くて驚きます
バッテリーとSDカードを抜いた状態で300gしかないそうです
とっても軽いですよね


レンズを装着するとこんな感じになります


IMG_3574.jpg


か・・・かっこええ・・・(笑)
レンズフードも切り欠きが深くて良いです
レンズを装着しても約650gほどですから軽いです
軽快にスナップ撮影ができそうな感じですね


背面はこうなっています


IMG_3569.jpg


そうです、EVF(電磁ビューファインダー)搭載ですよ!
約236万ドットで視野率約100%のファインダーです
タイムラグの発生などを理由にアンチEVF派だっただけに、若干の懸念事項もあったのですがこのモデルに搭載されているEVFはタイムラグが0.005秒ということなので、タイムラグが無いに等しいと考えています
見え方もまあまあ自然で、けっこう大きく表示される(APS-Cの一眼レフと同等)ので見やすいです


液晶はワイド3型の約104万ドットの液晶を搭載しているので、とっても綺麗に見れます
拡大表示して容易にピントを追い込むことができるようになった昨今では、高精細な液晶画面は必須ですよね
その他にもポップアップ式のストロボなども搭載されていますが、使うことはないでしょう(笑)


上面のダイヤルはこんな感じです


IMG_3560.jpg


シャッタースピードダイヤル、露出補正ダイヤル、シャッターボタン、電源レバー、ファンクションボタンがあります
これにより、電源が入っていなくてもどのような設定になっているのかを把握できるというメリットがあるそうです
実際に使用してみてどうだったのかはまた後日書きます


ざっとこんな感じでしょうか?
最後にこのカメラのスペックを簡単に載せておきます


・有効画素 1,630万画素
・23.6mm×15.6mm(APS-Cサイズ) X-Trans CMOS IIセンサー搭載
・撮影感度(ISO) 200~6400 拡張時ISO 100、12800、25600
・測光方式 TTL256分割測光
・シャッタースピード 30秒~1/4000秒
・連写速度 約7コマ/秒


シャッタースピードの最速が1/4000というのが少し残念な点ではありますが、そんな正直これくらいでも十分なスペックだと思います
連写速度が7コマ/秒もあるのが意外にもビックリです


まだじっくり触れてないのでどうとも言えない部分も無いわけではないですが、即戦力になる(特に日常スナップとして)カメラだと思っています
バンバン撮ってまた後日使用感や作例などを載せたいです


ということで以上、初のXマウント FUJIFILM X-E2がやってきた! Part1外観編 でした!
使用感編や画質編などもUPしますので、乞うご期待!


 






今日の1枚


image_2014053118011665a.jpg


先日SONYが発売したDSC-RX100 MarkⅢをSONY PLAZAでさわってきた
このモデルの初代を持っていたのでこのモデルのことはよく知っている(つもり)
MarkⅢになって圧倒的に変わったのはEVFが内蔵されたことだと僕は思う
144万ドットのEVFだけど、見た感じでは必要十分なスペックをもっていた
開放F値も明るくなり、自分撮りにも対応したこのモデルは正しくRX100の完成形だと思う
欲しくはないけど(笑)







スポンサーサイト



category: デジタル一眼

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaze1991channel.blog.fc2.com/tb.php/323-dd66d4c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。