LOTTE(ロッテ) 世界のチョコパイ紀行 ザッハトルテ - りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々
FC2ブログ

りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々

デジモノや食品などの商品レビューや趣味のこと、その他様々なことを不定期で19時に更新しています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

LOTTE(ロッテ) 世界のチョコパイ紀行 ザッハトルテ  

仕事帰りによったコンビニで期間限定の物を発見しました(実はけっこう前)
それがコチラ


IMG_1235.jpg


IMG_1236.jpg


ということで今回はLOTTE(ロッテ) チョコパイ ザッハトルテのレビューです!


濃いチョコパイ×濃い男というキャンペーンでご存知の方も多いかもしれません
濃い男というのはもちろんアノ人ですよ
おわかりですよね?(笑)


パッケージを開けるとこんな感じです


IMG_1237.jpg


いつものパッケージングです
チョコパイが2つ入っています
パッケージを開けた時点で若干リキュールっぽいかおりとチョコの甘いかおりがします


そして中身はこんな感じ


IMG_1238.jpg


見た目には普通のチョコパイですが、かおりが明らかに違います(当たり前か)
ちなみにザッハトルテとはオーストリアの代表的な菓子(トルテ)である。古典的なチョコレートケーキの一種。ザッハートルテとも呼ばれる。
1832年に、クレメンス・メッテルニヒに仕える料理人の一人だったフランツ・ザッハーが考案した。
そうです
もちろんWikipediaをそのまま引用(笑)


ちなみに
レシピは門外不出とされたが、3代目のエドマンド・ザッハーのときにホテル・ザッハーが財政難に陥ったのをきっかけに、資金援助をしたウィーンの王室ご用達のケーキ店「デメル」が、代償にザッハトルテの販売権を得た。
この際に、「元祖ザッハトルテ」の文字をケーキの上にホワイトチョコレートで描く権利も譲渡したとも言われる。ここで、デメルの娘がザッハーの息子に嫁いだ際にレシピが流出したとする話があるが、事実とは異なる俗説である。
という話もあります
知ってても役にはたちませんが損はないでしょう


本物のザッハトルテを食べたことが無い(多分)ので本物との比較は出来ませんが、レビューしたいと思います


割ってみるとこんな感じで、見えないかもしれませんがアプリコットジャムが挟まれています


IMG_1239.jpg


スポンジケーキはとてもしっとりとしていて、とってもふわふわしています
チョコは甘めですが甘すぎない感じで、適度な酸味と苦味があります
アプリコットジャムの酸味と香りがアクセントになっていますね
クリームは甘すぎず、ほんのりとリキュールっぽい風味のチョコクリームです
それらが口の中で混ざってなんとも美味しいのです
相変わらず上手く言えませんが美味しいんですよ?(笑)


これ買ったのがけっこう前なので、もしかするともう店頭に並んでなかったりするかもしれませんが、チョコパイ好きなそこの貴方には是非食べて欲しい一品です


ということで以上、LOTTE(ロッテ) 世界のチョコパイ紀行 ザッハトルテ のレビューでした!






今日の一枚


image_2014041620394257c.jpg


皆さんご存知(?)Canonの白レンズ EF 70-200mm F2.8 IS Ⅱ USM、所謂ナナニッパと呼ばれるジャンルのレンズ
ナナニッパなら僕もシグマ製のものを持っていてこれが大活躍のレンズなのだ
何故白いのかというと、黒い鏡筒だと炎天下で熱くなり描写や動作に支障をきたすおそれがあるから、光を反射する白色を鏡筒色に選んだんだとか
正直、Canonの完全なるブランド戦略だとは思うけど、これがあら不思議!欲しくなってしまうのだ
価格23万円なり(写真右)
もし買うなら、シグマのナナニッパを売り飛ばす(笑)
 
スポンサーサイト



category: 食品

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaze1991channel.blog.fc2.com/tb.php/308-9c259d49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。