幻想的! 美山かやぶきの里 雪灯篭に行ってきた! - りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々
FC2ブログ

りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々

デジモノや食品などの商品レビューや趣味のこと、その他様々なことを不定期で19時に更新しています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

幻想的! 美山かやぶきの里 雪灯篭に行ってきた!  

 
かやぶき屋根といえば、かの有名な白川郷を思い浮かべる人も多いでしょう
やっぱり白川郷のほうがスゴイ(らしい)のですが、僕が住んでいる京都にもかやぶき屋根の古民家が密集した地域があります
京都府は南丹市美山町にある、かやぶきの里北村です


この時期美山には沢山の雪が降り、積雪で真っ白になります
そういった幻想的な雪景色のライトアップが1月の25日から行われるということで、急遽カメラ仲間に声をかけ撮影に行ってきました
その名も『美山かやぶきの里 雪灯篭』です!


ではでは、早速写真を御覧ください
写真はクリックで拡大できます
拡大閲覧推奨です(笑)


IMG_0730_2014013000373126a.jpg


IMG_0740.jpg


IMG_0764.jpgIMG_0767.jpg


IMG_0777.jpg


IMG_0937.jpg


なんとも幻想的です
一部光がぼやーっと滲んだ写真がありますが、これは結露によるものではなくソフトフィルターの効果です
列記とした意図した演出です(笑)


僕の出身は京都府北部ですがこんなかやぶき屋根の古民家はめったにありません
というか無いと思います
ですがどこか懐かしい感じがして不思議です
集落を流れる空気や時間、静けさは田舎にしか無い良さですよね〜
そんな雰囲気を写真から受け取ってもらえると嬉しいです


ちなみにこの日のベストショットは上から5枚目の写真です
時間の経過とともに霧が立ち込めて来たことで、奥行き感や幻想的な雰囲気が引き立ちました
かやぶき屋根と灯籠の光の暖かさが寒さを打ち消し、和みを感じさせる一枚になったと思います
屋根から雪が落ちてしまっていたのが残念でしたが(笑)
気温は氷点下でとても寒く、手の感覚を失いながらの撮影でした
撮影に集中している間は寒さを感じませんでしたが、やっぱ四肢が冷えると寒いですね〜


撮影は三脚とリモートレリーズを使用しました
カメラはいつものCanon EOS 60Dです
レンズはSigma 70-200mm f2.8と10-20mm f4-5.6をチョイス
ここでは超広角はほとんど出番がなく望遠ばかりで撮影していました


ひと通り撮影を終え、帰路についていた車内からふと夜空を見上げると・・・


IMG_0949.jpg


IMG_0960.jpg


満点の星空です!
この日は雲がなかったのと、気温が低く空気が澄んでいたこともあって星がすこぶるキレイに見えました
普段から意識的に空を見上げる癖を着けていたのがここで役に立ちました(笑)


一眼レフの長期露光だと肉眼では見えない僅かな光を放つ星までも写し止めるとこができます
宇宙って広いんだなーって改めて感じさせられました
こういう広大な星空をじーっと見ていると、自分がいかに小さな存在なのかを感じます
日々の悩みなんかどうでも良くなりますよ(笑)


帰宅してから現像処理をしていた時に思ったのですが、やっぱりノイズが目立ちますね
かやぶきの里では低ISOで長時間露光撮影だったのですが、それでもノイズがのります
星空はISO3200で撮影したのですごくノイジー
まあAPS-Cなんでこれが限界なんでしょうけども


こういうノイズの多さを見ているとやっぱりフルサイズ機が欲しくなりますね
センサーサイズが約2.3倍なので更なる高画質が実現できます
でもいかんせん値段がお高い・・・
5D mark3だとボディで最安270,000円ですからね
僕の場合フルサイズ対応の標準ズームが無いのでそれも買わなきゃ


K0000347676.jpg


5Dかっこ良い!
6Dという選択肢もありますが、妥協したくないんですよね〜
どうせ高い買い物するならより良いものを買いたいですし


増税前だし検討してみようかな(笑)


とまあ、ハード面での不満点が出てきましたが、かやぶきの里での撮影も、帰路の途中で道路のど真ん中(笑)での星空撮影もとても楽しかったです
この日のために新しい三脚買っといてよかった!


今まで面倒臭がって三脚を使って撮影してこなかったのですが、三脚を建ててゆっくり構図を決めてシャッターチャンスを待つのも楽しいですね!
また機会があったら今度は春か秋に行ってみたいと思います
古民家や田舎風景が好きなかたにはうってつけの場所ですよ(笑)


 


スポンサーサイト



category: 写真

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaze1991channel.blog.fc2.com/tb.php/281-f47fe2d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。