Part2 見よこの描写力 SONY サイバーショット DSC-RX100 - りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々
FC2ブログ

りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々

デジモノや食品などの商品レビューや趣味のこと、その他様々なことを不定期で19時に更新しています

Part2 見よこの描写力 SONY サイバーショット DSC-RX100   

サイバーショット DSC-RX100が我が家に来てからしばらく時間が経ち、割りと操作に慣れました
慣れましたと言いましたが、未だに間違えたりします(笑)
メインのキャノン機とダイヤル操作が逆なんですよ〜


IMG_0713.jpg


ということで前回のレビューから時間が経っていますが、今回はサイバーショット DSC-RX100のレビュー第2弾、気になる描写について撮影サンプル等を交えながらレビューしていきたいと思います


改めてこのカメラの描写に関わるスペックをおさらいしておきますと
・有効約2020万画素、大型1.0型CMOSセンサー搭載
・絞り羽7枚、F1.8の大口径カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズ搭載
・画像エンジン「BIONZ」搭載
とまあ、こんな感じでしょうか
僕があまり好きではない、というか「好きではなかった」超高画素機です


ではさっそく、全て撮って出しでノーリサイズの撮影サンプルをご覧ください


DSC00244.jpg
(SS:1/1000 ISO:125 f値:4 露出補正:0.0EV WB:オート)


冬の日本海の寒々しさと波打つ雲がキレイだったので撮影しました
ややアンダー目の露出な気もしなくもないですが、露出補正はかけていません
センサーが1型で被写界深度が深いので絞りf4でも隅々まで解像しています
黒つぶれや白飛びもなく色鮮やかに色が出ています


DSC00305.jpg
(SS:1/60 ISO:200 f値:7.1 露出補正:-0.7EV WB:オート)


朝日が出る前の静けさと、赤く色鮮やかに染まる雲がキレイだったので撮影しました
先ほどの作例より絞って撮影しましたが小絞りボケもなくシャープに描写しています
露出補正をアンダーにかけたこともあって右下当たりが黒つぶれしていますが、これはこれで余計なものが無くて良いです
こういった朝日を撮影したりすると、カメラによってはホワイトバランスがおかしくなって実際より黄色かったりすることが珍しくないのですが、RX100のオートホワイトバランス(AWB)は優秀です


DSC00079.jpg
(SS:1/400 ISO:400 f値:2.8 露出補正:0.0EV WB:オート)


お次は帰省した時にしか逢えないワンちゃん
こういった動物は目にピントを合わせるのが一番良いですよね
オートフォーカスでなんなく一瞬でジャスピンです
艶やかな目や、1本1本の毛を鮮明に描写してくれています
これぞ正しくスナップショット
こういう何気ない1枚を撮るのに一眼レフを振り回すのはちょっとねぇ・・・


DSC00237.jpg
(SS:1/1000 ISO:125 f値:4 露出補正:0.0EV WB:オート)


カラフルなリール?(丸い物)をたくさんつけ、ほどよく朽ちた漁船
正月だからなのか松をくくりつけていました
シンメトリーに撮りたくなったので画面に表示されている電子水準器を使用
グリッドラインも表示できるので縦、左右のバランスをほぼ完璧にとれキレイに撮れます


DSC00270.jpg
(撮影情報不明)


最後にこのなんでもないシダ?らしき植物
撮影情報を載せようと思いましたが消えてしまっていました(笑)
ちなみにこの時は絞り開放のf1.8で撮影しています
キリッとシャープで葉の質感が伝わってきませんか?
是非クリックして拡大表示してみてください


いかがだったでしょうか?
僕としてはけっこう期待通りの描写力で満足です
ミラーレス一眼の購入も視野にいれていましたが、もうこれで十分ですね(笑)
わりとオールラウンドにこなせます
が、しかし、センサーが大きいせいか一般的なコンデジによくあるマクロ機能がありません
というか寄れません
でもまあ、そんなマクロ撮影しないから問題なし(笑)
寄れないといっても料理や花を撮影するぶんには問題はありません


撮影の時便利だと感じたのがこのコントロールリング


IMG_0732.jpg


写真中央のギザギザした部分です
ここには色々な機能を割り当てることができるのですが、僕はよく使う露出補正を割り当ててます
カチカチという動作ではなくヌルーっと動くので若干使いにくいような気もします
僕としては適度なクリック感があるほうがわかりやすくて使いやすいですね


買ってから知ったのですが、このカメラには落下検出機能というものがあります
落下検出っていっても落下から何を守るの?と思って調べてみるとどうやら落下を検知して鏡筒を収納するというものみたいです
カメラの命でもあるレンズを守るということですね
ここでも憎い機能をつけてきますねSONYさんは(笑)


コントロールリングの操作感などの小さな不満はありますが、総じて満足度の高いカメラです
高級感、描写力、機動力の三点を持っているカメラです
やっぱりレンズ一体型はコンパクトで便利ですね〜
ちょっとしたミラーレス買うくらいならこれのほうが良いように思います


以上、描写に的を絞って書いたSONY サイバーショット DSC-RX100のレビュー第二弾でした!
僕みたいにスナップショットに向いたカメラを探している方にはかなりオススメです!


 


スポンサーサイト






category: デジタル一眼

tb: 0   cm: 2

コメント

落下検知機能なんてものまであるんですか!w
さすがSonyと言わざるを得ない…すごい。

URL | ひろやん #-
2014/01/28 06:52 | edit

コメントありがとうございます!

落下検出機能、意外とすごいですよ
ちゃんと落下を検出して鏡筒を素早く収納してくれます!
さすがですね〜SONY!

URL | かぜ君 #-
2014/01/28 12:07 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaze1991channel.blog.fc2.com/tb.php/275-f7960a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)