初TAMRON製レンズ SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USDがやってきた - りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々
FC2ブログ

りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々

デジモノや食品などの商品レビューや趣味のこと、その他様々なことを不定期で19時に更新しています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

初TAMRON製レンズ SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USDがやってきた  

今年一発目のレビューがレンズだなんて(笑)
ということで、タイトルの通りですがTAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD Canonマウントを購入しました!
初のタムロン製レンズです


IMG_0653_20131226191741366.jpg
(クリックで拡大表示)


TAMRONの箱を見るのも初めて(笑)
レンズを開封する時のこのドキドキ感は良いですよね〜


中身はこんな感じです


IMG_0658_201312261917421a0.jpg
(クリックで拡大表示)


レンズ本体とレンズフード、取説などが入っています


スペックを簡単に紹介します
・レンズ構成   12群17枚
・焦点距離    70-300mm
・f値        f4-f5.6
・絞り羽枚数   9枚
・最短撮影距離  1.5m
・最大経×長さ   81.5x142.7mm
・フィルター径   62mm
・重量      765g


これまで数本のレンズをブログ上でレビューしてきましたが、タムロンのレンズはレビューしたことも、買ったこともありません
それは何故かと言いますと、タムロンのレンズにあるゴールドの帯がデザイン的に気に入らなかったからです


IMG_0692.jpg
(クリックで拡大表示)


なんかダサいというか、目立つんですよね
なんでもっとこう、シンプルにできないのかなーって思います


そんな僕がなぜこのレンズを購入したかと言いますと、ズバリ『コスパ』が高いからです!
70-300mmという焦点距離で素早いAFと、カチッと止まる手ぶれ補正がついて4万円を切る価格で手に入ります


これと同等のスペックのレンズだと、Canonにも白い(お高い)やつがありますが、コスパがねぇ
純正にこだわり、白レンズという戦略的商法に惹かれない限り購入は考えません(笑)
僕は純正にこだわりませんし


このレンズはCanonでいうところのUSMに等しい、USD(Ultrasonic Silent Drive)なるものを搭載しています
シグマではHSMなどと言いますが、これらは超音波モーターによる駆動を意味しています
静粛性に優れていて、なおかつ素早い動きを可能とします
それに加え、フルタイムマニュアルフォーカスも可能です


これだけでも素晴らしいのですが、このレンズはあの『VC』も搭載しています
好き嫌いが分かれると思いますが、TAMRON独自のかなりカッチリと効く手ぶれ補正です
『ファインダーの中で像が止まる』という表現が近いくらいカッチリと被写体が止まって見てます
強力ですが、不自然なので動画撮影には不向きです


さらに、このレンズには異常低分散ガラスに加え、蛍石と同等の性能を持つとされる特殊硝材XLDガラスを採用し、高画質を実現しているそうです


これだけのスペックで実売4万円以下ですから素晴らしいですよね
このレンズだけは前から狙っていました(笑)


レンズ本体はこんな感じ


IMG_0662.jpg
(クリックで拡大表示)


当たり前ですがスイッチ類が左側にあります
AF/MF切り替えスイッチと手ぶれ補正のON/OFFスイッチのみで、ズームのロックスイッチはありません
距離目盛窓も装備されており、値段の割にはゴージャスです
写真は撮っていませんがマウントは真鍮製です


フィルターはマルミのUVカットタイプを着けました


IMG_0664.jpg
(クリックで拡大表示)


このレンズはシグマと違いmade in chinaですが、レンズ内に目立ったホコリなどはありませんでした
某レビューサイトで『ホコリがひどかった』なんてレビューを目にしたことがあったので少し不安でしたが、当たりだったようで一安心です


EOS 60Dに装着するとこんな感じです


IMG_0680.jpg
(クリックで拡大表示)


IMG_0681_20131226192032aa2.jpg
(クリックで拡大表示)


レンズフードを装着するとさすがに長く感じます
300mm時にはさらに長くなります
こうなると振り回す際には周囲に注意を払わないといけませんね(笑)


装着した状態で使用してみましたが、レンズ本体がそんなに重くないので取り回しは楽です
レンズ本体だけだと765gです
カメラに装着するとボディにもよりますが合計1500gほどになるので、人によっては重たいと感じる方もいるかもしれません
しかし、これの倍の重さのレンズを振り回している僕の中では軽い方だと思います(笑)


これ以上書くと長くなるので、この続きはPart2で書きます
気になる画質とUSDドライブの動体追従や、レンズの使用感について書きたいと思います


以上、初TAMRON製レンズ SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD のレビューPart1でした!


スポンサーサイト



category: デジタル一眼

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kaze1991channel.blog.fc2.com/tb.php/267-e9e0c2df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。