2014年04月 - りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々
FC2ブログ

りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々

デジモノや食品などの商品レビューや趣味のこと、その他様々なことを不定期で19時に更新しています

美味! Calbee(カルビー) じゃがりこ アスパラベーコン  

 
巷では抹茶クリーム味なるものが最近有名なじゃがりこですが、僕はそんなフレーバー買いません
こっちのほうが明らかに美味しそうですから(笑)


IMG_1339.jpg


IMG_1341.jpg


絶対こっちの方が美味しいに決まってます!
なんたってじゃがりこファン人気No.1なんですから!!
個人的には肉じゃが味も好きなんですけどね〜


人気No.1ということらしいので、どうやら復刻版のようですが、僕自身は初めて食べるのでレビューしたいと思います
そんな長々とは書きませんけど(笑)


中身はこんな感じです


IMG_1344.jpg


フタを開けた途端、けっこうすごいアスパラ特有の匂いがします
青臭いというか、あの独特な感じは表現に苦しみますね
でもベーコンの匂いもして美味しそうなんです!


ほらね!


IMG_1345.jpg


美味しそうでしょ?
美味しくないわけがないんですよ(期待大)


話変わりますけど、ティッシュを敷いて撮影するとティッシュがレフ板みたいに光を反射してくれるので、無駄に綺麗に写りますね(笑)
コントラストが強すぎず良い感じです


さて、話をもどしましょう
肝心のお味はというと、これまた期待通りの味なんです
アスパラの味とベーコンの味がしっかりと再現されています
ややしょっぱいかな?と思うことも無くはないですが、その濃さがまた美味しかったりするんです
ほんと止まらなくなる味ですよ!
なんこでも食べれちゃいそうです(笑)


じゃがりこ好きには必見ですよ〜
ということで、かなり簡単ですが、美味! Calbee(カルビー) じゃがりこ アスパラベーコン のレビューでした!






今日の1枚


image-3.jpg


所謂テーブルフォトというやつ(食べ終わり)
アスペクト比が重要で、構図が整理しやすいよう1対1を選択している
直線、円、楕円など様々な線が存在するので角度が変わるだけで表情が変わる
この場合の主題はフォークで、副題がトマトになる
トマトの整理してない感じがリズム感があって面白いと思ったので撮影した
ちなみに、ご飯は美味しかったです(笑)
 




スポンサーサイト



category: 食品

tb: 0   cm: 0

新緑の季節なのでぶらり旅に出かけました  

 
桜が散ったら新緑の季節ですよね〜
木々の緑が一番鮮やかで美しい季節がやってきます
ということでカメラを持って滋賀県に行ってきました


僕が住んでいるのは京都市なので滋賀はわりと近いです
とは言うものの、目的地までは電車とバスで2時間くらいかかりました


目的地は長浜の豊公園です
駅から歩いて琵琶湖がすぐそこに見えるのは、長浜駅が一番だと思います
あとは大津駅もまあまあ琵琶湖に近いですね


長浜駅に到着
駅から出てみるとかなり風が吹いていて寒かったです(笑)
春なので5部袖のシャツを着ていたのですがこれが大失敗
こういう時のために、上着をカメラバッグにいれとくべきですね


当初の予定では琵琶湖の水景だけ撮影する予定だったのですが、新緑があまりにも美しかったので新緑の撮影に夢中になってしまいました(笑)


それでは撮った写真をご覧ください


5D3_1900-2.jpg


5D3_1921-4.jpg


5D3_1905-3.jpg


5D3_1941-8.jpg


5D3_1931-6.jpg


5D3_1951-11.jpg


5D3_1950-10.jpg


どうです素晴らしいでしょう?
絶好の光条件もあって撮っててかなり楽しかったです
目にも鮮やかな緑ばかりで、癒やされますね〜
そしてまたCanonの写す緑も美しい!
個人的に緑色が一番綺麗なのはPENTAXだと思いますが(笑)


光が強すぎないのでコントラストも程よいです
春らしい光ですよね
夏だとこうはいきませんよコントラストが強くでますから


で、本来目的だった水景の写真はコチラ


5D3_1994-13.jpg


5D3_2059-1.jpg


たったの2枚です(笑)
というのも最終的に残ったのが2枚ってだけです
シャッターを結構切ったのですが、コレだ!って感じのがほとんどなかったんです


ちなみに2枚目のやつがその日のベストショットで、題して「穏やかさの中に」です
見るからに穏やかなのですが、強い風が作り出す波が荒々しさも感じさせます
二面性をもった瞬間を写しとった1枚になっていると思います
この瞬間を撮るのにものすごい粘りました
寒くて心折れそうになったんですけど、きっと良い波の形が撮れる瞬間があるはずと信じて(笑)
ライブビューでフォーカスはマニュアル、連写モードでローアングル撮影、水平が狂わないように注意して撮影しました


構図的には三分割構図で主題が太陽の光、副題が波でしょうか
たまたま三分割構図になっただけなんですけど(笑)


ちなみにレンズはCanon EF 24-105mm F4 L IS USMの1本のみ使用しました
ほんと万能レンズで便利すぎます!
描写も良いですしね!


これからもっともっと緑が鮮やかになりますし、写真シーズンなので沢山写真を撮りたいと思います!
ではでは〜


今回使用した機材はコチラ


 






今日の1枚


image_20140425233512d15.jpg


ついに来たこの警告表示
愛用のプリンターのインクが無くなってきた
A4サイズを25枚くらい印刷できたのでまあまあのコスパじゃないかと思う
用紙1枚50円程度、インクが1枚あたり200円なので合計250円
セルフ印刷のほうがカラー調整しやすいし好きな用紙を選べるのでメリットが大きいと思う
が、しかし、インクって高いなあ・・・とも思う(笑)
 





category: 写真

tb: 0   cm: 0

サブカメラにもフルサイズを選びたい!  


(※この記事はいつもより長く、まとまらない内容でつらつらと書いています) 
フルサイズ一眼レフを使うようになってからというもの、画質での不満は一切なくなりました


IMG_0970.jpg


圧倒的なクリアな描写、ノイズの少なさ、ボケの美しさに魅せられ、やっぱ思い切ってフルサイズ機買ってよかったなって感じている今日この頃です
重さにも慣れてしまったので全く苦になりません
ほんと僕の中では嫌いな所が一切ない最高のメインカメラです!


つい最近、ヨドバシカメラに用があって行ってきたのですが、そこで思わぬ感動体験がありました
SONYが最近発売したα6000です


fc2blog_20140414200048d39.jpg


今までSONYのミラーレスにはNEXという機種名が着けられていました
NEX-5RやNEX-7などがそうです
そのNEXという機種名は廃止となり、ミラーレス一眼にも「α(アルファ)」という称号が着くようになりました
ミノルタ時代から引き継がれる伝統的な名称です


このα6000を初めて手にした時は今までのミラーレスと大差ないと思ったのですが、使ってみるとビックリ!
179点の像面位相差AFセンサーを搭載したことによりAFが更に爆速になりました
もともとSONYのファストハイブリットAFは速いことで有名だったのですが、それに更に磨きがかかった印象です
サクサクAFが合焦するので気持ちが良い!


像面位相差AFが増えたことで動体追従性能もUPしました
お店のフロアを行ったり来たりする人を正確に追従します
それに加え、秒間11コマの高速連写は圧巻でした
追従しながら秒間11コマ撮れるなんてすごすぎます
表面上だけ見るとCanonのEOS 1DXやNikonのD4Sとほぼ同じ位の連写性能ですからね〜


そんなこんなで色々といじっているとαと書かれた服を着た店員さんに話しかけられました
「それ、すごいでしょう?」という一言をきっかけにカメラトークは爆発(笑)
SONYの最近のがんばりとか、技術に関して話しました
そこで近くに展示してあったコレの話もしました


fc2blog_20140414200112386.jpg


SONYのミラーレスフルサイズ一眼α7/α7Rです
この機種の特徴はなんといってもその小ささと軽さ!
そしてこのサイズでフルサイズセンサー搭載というのがスゴイ!
片手に収まる大きさで重さたったの416g(本体のみ)
レンズを装着した状態でもEOS 5D markⅢのボディのみの重さ以下です


僕がカメラに求める条件は以下のとおり
・視野率100%のファインダー(かなり重要)
・可能な限りの大型センサー搭載(最低でもAPS-Cサイズ)
・レンズの選択肢の多さ
・高感度ノイズ耐性
・秒間6コマ程度の連写性能
・ある程度の剛性を持っているボディ性能
・キビキビと動くソフトウェア  
・物理ダイヤル必須       ・・・などなど


カメラ始めたころはこんな条件なかったんですけど、自分の撮影スタイルが確立されてくるとカメラに対する考え方もかわりますよね
ある程度は妥協できますけど、どうせ高い買い物になるんだったらより自分のスタイルに合ったカメラが欲しいものです
その点、CanonのEOS Mは不合格だったんですよね
コンセプトとか、映像エンジンは好きなんですけど
なにより大好きなCanon製だし?(重要)


話がずれましたね(笑)
そもそもなぜサブカメラにもフルサイズセンサーを搭載したカメラが欲しいかと言いますと、スナップショットに5D markⅢを持ちだしたことがきっかけです


これですよこれ


5D3_1880-2.jpg


ごくごく普通の何気ない一枚でしょう?
ぜひ拡大してみてください
その場の空気感とか物体のディティールが忠実に伝わってくると思います


レンズの性能もあるとは思いますが、こういうのがフルサイズならではだと思うんですよね
とてもクリアで濁りがなくて、澄んでるイメージです
細かいこというと画素ピッチが広いのでこれだけクリアな写真が作れるという・・・
EOS 60D(APS-C)で撮るとこんなふうにはなりません
限りなく近いのですが、この写真はフルサイズだからこその一枚だと思うんです
まあ写真はカメラで決まりませんけどね(笑)


とまあこんな感じでフルサイズセンサーの虜になってしまったわけです
で、さっきの条件に当てはまる数少ないカメラの中でも最も有力な候補がSONYのα7ってこと
α7Rはデータが大きいのと、もっさりした感じがあるのでスナップショットには向いてないんですよね


しかーし!
α7にはとある問題があるのです
それはかの有名なマウントのたわみ問題!
マウントの3時方向を指で押すと金属部分がたわみます
これは僕も実際に確認しました
たしかにふにゃっとしています


SONYさんいわく、撮影上問題になることは無いとのことで、言うならば「仕様」だそうです
マウントがたわむとか聞いたことないですけどね
皮肉を込めて「誰も作らなかったカメラ」なんて言われ方もされています(笑)
まだ駆け出しのジャンルなので、次に出てくるモデルでかなり完成形に近づくと思いますけどね
理想のカメラに近いだけあって残念です


となると話が振り出しに戻ります
で、α7の次に浮上するのがEOS 6Dなのですが、こうなるともうコンパクトとは言いがたいです
慣れて体に染み付いたEOSシステムなので操作性は良いんですが


んんんん
頭のなかに考えはあるのですが、理想的なカメラが無いんですよね
アンチEVF派ですけど、EVF搭載されたカメラも欲しいしなあなんて思ったり
誰か良いカメラ教えてください(笑)
フルサイズセンサー限定で!


やっぱりα7しかないんですかね〜
いずれにしてもすぐには買えない値段ですから悩む時間はたっぷりあります
みなさんはどんなカメラをサブカメラに使ってるんでしょう?


  






今日の一枚


image-2.jpg


気がつけば4月も終わりを迎えようとしてますね
桜のシーズンも終わってしまったので少しさみしかったり・・・
これほど綺麗な樹は他にはないと本当に思います
この写真はiPhone5Sで撮影したものですが、意外にも逆光に強くてビックリ
でもやっぱ電話のカメラ機能ですから、こんなもんかって感じの一枚です
 




























category: デジタル一眼

tb: 0   cm: 0

LOTTE(ロッテ) 世界のチョコパイ紀行 ザッハトルテ  

仕事帰りによったコンビニで期間限定の物を発見しました(実はけっこう前)
それがコチラ


IMG_1235.jpg


IMG_1236.jpg


ということで今回はLOTTE(ロッテ) チョコパイ ザッハトルテのレビューです!


濃いチョコパイ×濃い男というキャンペーンでご存知の方も多いかもしれません
濃い男というのはもちろんアノ人ですよ
おわかりですよね?(笑)


パッケージを開けるとこんな感じです


IMG_1237.jpg


いつものパッケージングです
チョコパイが2つ入っています
パッケージを開けた時点で若干リキュールっぽいかおりとチョコの甘いかおりがします


そして中身はこんな感じ


IMG_1238.jpg


見た目には普通のチョコパイですが、かおりが明らかに違います(当たり前か)
ちなみにザッハトルテとはオーストリアの代表的な菓子(トルテ)である。古典的なチョコレートケーキの一種。ザッハートルテとも呼ばれる。
1832年に、クレメンス・メッテルニヒに仕える料理人の一人だったフランツ・ザッハーが考案した。
そうです
もちろんWikipediaをそのまま引用(笑)


ちなみに
レシピは門外不出とされたが、3代目のエドマンド・ザッハーのときにホテル・ザッハーが財政難に陥ったのをきっかけに、資金援助をしたウィーンの王室ご用達のケーキ店「デメル」が、代償にザッハトルテの販売権を得た。
この際に、「元祖ザッハトルテ」の文字をケーキの上にホワイトチョコレートで描く権利も譲渡したとも言われる。ここで、デメルの娘がザッハーの息子に嫁いだ際にレシピが流出したとする話があるが、事実とは異なる俗説である。
という話もあります
知ってても役にはたちませんが損はないでしょう


本物のザッハトルテを食べたことが無い(多分)ので本物との比較は出来ませんが、レビューしたいと思います


割ってみるとこんな感じで、見えないかもしれませんがアプリコットジャムが挟まれています


IMG_1239.jpg


スポンジケーキはとてもしっとりとしていて、とってもふわふわしています
チョコは甘めですが甘すぎない感じで、適度な酸味と苦味があります
アプリコットジャムの酸味と香りがアクセントになっていますね
クリームは甘すぎず、ほんのりとリキュールっぽい風味のチョコクリームです
それらが口の中で混ざってなんとも美味しいのです
相変わらず上手く言えませんが美味しいんですよ?(笑)


これ買ったのがけっこう前なので、もしかするともう店頭に並んでなかったりするかもしれませんが、チョコパイ好きなそこの貴方には是非食べて欲しい一品です


ということで以上、LOTTE(ロッテ) 世界のチョコパイ紀行 ザッハトルテ のレビューでした!






今日の一枚


image_2014041620394257c.jpg


皆さんご存知(?)Canonの白レンズ EF 70-200mm F2.8 IS Ⅱ USM、所謂ナナニッパと呼ばれるジャンルのレンズ
ナナニッパなら僕もシグマ製のものを持っていてこれが大活躍のレンズなのだ
何故白いのかというと、黒い鏡筒だと炎天下で熱くなり描写や動作に支障をきたすおそれがあるから、光を反射する白色を鏡筒色に選んだんだとか
正直、Canonの完全なるブランド戦略だとは思うけど、これがあら不思議!欲しくなってしまうのだ
価格23万円なり(写真右)
もし買うなら、シグマのナナニッパを売り飛ばす(笑)
 



category: 食品

tb: 0   cm: 0

人生初高級イヤホン? モンスターケーブル NCedible  

 
そもそもこれを高級イヤホンとは呼ばないのかもしれませんが、僕の中では高級な部類になります
なんせ今まで安いイヤホンで満足していた身分ですから(笑)


ということで今回レビューするのはコチラ


IMG_1300.jpg


モンスターケーブル NCedible NC MH NRG IE BK CUです!
俗にいうカナル型イヤホンだと思います
某家電量販店(いつも行くとこ)にて6600円程度で買いました
いままで使っていたイヤホンは2000円程度の安物だったので、僕からしたら割りと高級なイヤホンになります


そもそも何故今イヤホンを買ったかと言うと、1年半使用したCreativeのイヤホンがダメになったからです
別件で某家電量販店に行こうとバスに乗った時に片方が聞こえなくなりまして、そこで丁度イヤホン買い換えたい時だったしイヤホン買うかってなったから買ったというだけで
なんだか上手い話ですよね(笑)


箱が高級感あって良いです


IMG_1302.jpg


IMG_1303.jpg


ケーブルはきしめんの様に平たくなっています
これによりケーブルが絡んでしまうのを軽減できるそうです
イヤホンジャックはL字型です
個人的にストレートタイプが良いのですがまあ良いでしょう


カラーはブラックを選択しました
他にもレッド、ブルー、オレンジ、ホワイトがあり選択肢が多いです


他にはこんなものが入っていました


IMG_1304.jpg


取り扱い説明書、イヤーピース、ステッカー等です


なぜこのイヤホンを選んだのかというと、当たり前ですが決めては音です


IMG_1305.jpg


僕がよく行く某家電量販店ではイヤホンを実際に試すことができます
そこで色々なイヤホンを聴き比べ、僕の相棒のナノさん(iPod nano 7th)と相性の良いと思えたこれを選びました
予算は1万円なので選択肢はわりと広かったのですが、これが僕的に1番聞きやすかったと思います


気になる音質ですが、けっこう癖が無くて素直な感じです
高音のシャカシャカした感じもなく、低音のズンズンした感じもなく、丁度バランスがとれていて聴きやすいです
各楽器の音がしっかりと立っていて潰れることがありません
これまでの安物だと、なんとなく霞んだり歪んだりしていた音が聴こえるようになりました
イヤホンが変わるだけでこうも変わるのか!って感じですホント


実際に買って3日ほど使ってますが、全く不満はありません
音楽を聴いていて久しぶりに楽しくなるイヤホンだと思います!


なにげに便利なのがこの機能


IMG_1306.jpg


イヤホンの背部同士がマグネットの磁力でくっつきます
音楽を聞かない時はネックレスのようにして首からかけれるので、再び音楽を聞くときにサッとイヤホンをセットできます
なにげに便利なんですとコレが(笑)


あとは左イヤホン付近についている小さなボタンも便利です
これがリモコンになっていて着信を受けたり、音楽を停止もしくは再生したり、曲を飛ばしたり戻したりと色々できます
とっさに音楽を止めたいときに、いちいち音楽プレーヤーに触れなくれ良いんです
ちなみに動作はiPodでの動作のみ確認出来ています


イヤホンで世界が少し変わった気がします
大げさかもしれませんが、ホント音変わりますから!
好みが強い部類のガジェットだと思うので、実際に試してから購入するのをオススメします
今のイヤホンより良いものがきっとあります


以上、人生初高級イヤホン? モンスターケーブル NCedibleシリーズ のレビューでした!


  






今日の一枚


5D3_1880-2.jpg


京都は四条、町家が並ぶ場所で撮影した一枚
うさぎの形をした焼き物と桜のリースが綺麗で可愛かったので撮った
一体どんな人がこれを飾ったのだろう?
男だろうか?女だろうか?なぜうさぎなのだろうか?
きっと深いワケはないのだろうと思いながらも、そんなことを考えるのも面白いと思える日だった
 





category: オーディオ関連

tb: 0   cm: 0

不二家(FUJIYA) とろ〜りソースin 生ミルキーチョコレート  

 
近所のスーパーで見つけました
これ食べたの実はけっこう前なのですが、レビュー書いてなかったので書きます(笑)


IMG_1220.jpg


IMG_1221.jpg


というわけで今回は不二家(FUJIYA) とろ〜りソースin 生ミルキーチョコレートのレビューです
生ミルキーチョコってどんなのよ!という好奇心に負け購入
この果て無き好奇心が僕の良い所の1つです(多分)


パッケージを開けてみるとこんな感じ


IMG_1222.jpg


かわいらしい感じです
ペコちゃんがお出迎え!
まあ、いつもの(LOOKチョコ)感じです


そして中身がコチラ


IMG_1223.jpg


まあ、ここもいつもの(LOOKチョコ)感じ
ミルキーと書かれたチョコと、ペコちゃんが描かれたチョコ、そして謎の少年と謎の犬の描かれたチョコが入ってます
不二家さんのキャラ、ペコちゃんしか知らないんですよごめんなさい
謎の少年はポコくん、謎の犬はパコちゃんということにしておきましょう
答え合わせはこのレビューの最後にします(笑)


割ってみるとこうなってます


IMG_1225.jpg


見えにくいかもですが、半透明のソースと白いクリームが入っています


さて、お味はといいますと・・・
とろっとしたソースの甘み、そして白いミルクチョコのミルク感とあまさ、最後にカカオの香りといった順に口の中に甘いミルク感のあるチョコレートが広がります
最初から最後まで甘く、後味もややくどいくらいに甘いです
甘党の人には良いかもしれないけど、そうでない人にはキツイかもしれません
僕はどちらかというと甘党なので、美味しいと思います
ミルキーならではのミルク風味がまんまつめ込まれているので、ミルキーの味が好きな人にはうってつけです


不二家さんって、相変わらずチャレンジ精神が豊富ですね〜
新鮮味があってとても良いことだと思いますが、利益的はにどうなんでしょう?
毎度毎度美味しく仕上げてくるので流石だなと思います
興味ある方は是非お試しあれ!
もしかしたらもう店頭にないかもしれませんけどね(笑)


あ、そうそう
謎の少年と犬の名前ですが、少年は見事正解で『ポコ』という名前でした!
しかもペコちゃんのボーイフレンドだそうです
そして謎の犬ですが、まさかの『Dog(ドッグ)』という名前だそうで・・・
思わず笑いそうになりましたよホント(笑)
もうちょっと良い名前があったんじゃないかなと思います


以上、不二家(FUJIYA) とろ〜りソースin 生ミルキーチョコレートのレビューでした!






今日の一枚


5D3_1437.jpg


美しいものは目を惹くものですよね
美しい花、美しい女性、美しいレンズ(?)、美しいカメラ(?)などなど、美しかったり綺麗だったりするものは人の目を惹きます
まさしくそんな場面を切り取った写真
桜に魅さられる春はもう過ぎ去りましたけどね(笑)
 





category: 食品

tb: 0   cm: 0

奈良県の美しい桜を撮りにいってきました!  


もう一週間ほど前になりますけど、奈良県に桜を撮影に行ってきました
今回は出会った桜や桜のある風景、思ったことなどなどをつらつらと書きたいと思います


もはやいつもの様にと言っても良いほど定番化した早起き
早朝3時半起床です(笑)
カメラマンの朝は早いのです
この日の天気は快晴!気分は最高です


車で奈良県は宇陀市を目指し走ります
走ること2時間で到着
どうしても朝日に照らされる姿を撮りたかった桜がそこにありました


5D3_1657.jpg


奈良県は宇陀市にある又兵衛桜(またべえざくら)、またの名を瀧桜(たきざくら)という樹齢300年にもなる桜の木です
満開のあまりに素晴らしい姿にただただ感動しました
こんな美しい桜がこの世にあるなんて・・・
朝日に照らされほのかにピンク色になる瞬間が一番色っぽくて艷やかで美しいと思います
大きく三角構図で切り取り、その雄大さと造形美を表現しました
三角構図は狙ったわけではなく、バランス良く収めたらそうなったというだけのことです


この日はコンディションもよかったのでそれはそれは沢山のカメラマンがいました


5D3_1620.jpg


恐らく100名くらいはいたと思います
僕と同じEOS 5D mark3はもちろん、70D、kiss x7iなど様々なCanonのカメラが見られました
白レンズを使っている方も沢山おられて、それはそれはすさまじい光景でしたよ(笑)


5D3_1669.jpg


もちろんNikonの方やPENTAX、OLYMPUSの方などもおられました
SONYも若干名いました
あの場所だけで総額3000万円分くらいのカメラとレンズがあったんじゃないかなと思います
オソロシヤオソロシヤ・・・


又兵衛桜の美しい姿を撮影し次に向かったのは花のお寺として有名な長谷寺です


5D3_1702.jpg


ここでも沢山の桜が見事に綺麗な花を咲かせていました!
そよ風に揺られて散る花びらも綺麗でした


5D3_1706.jpg


5D3_1718.jpg


5D3_1726.jpg


5D3_1681.jpg


しっかりと手入れされているからこそ綺麗なんですよね
京都にもこんな感じで桜の綺麗なお寺がありますが、長谷寺の方が好きです
広大な敷地に様々な花があって、沢山の鳥がいて、春を感じる場所でした!


長谷寺での撮影を終え、車を進めているとふと『権現桜』と書かれた看板を目にしました
どうする?行ってみる?と迷う一同
時間もあるので行ってみようということになり、案内を頼りに道を進んだのですがこれが思わぬ酷道でした
ガタガタと狭い道を進むとその姿が見えてきました


5D3_1769.jpg


5D3_1749.jpg


これが瀧蔵神社の権現桜です
この桜も樹齢300年ほどだそうで、それはそれは立派な姿でした
桜を撮影していると地元のおばさま方から『お茶でもどうですか?』とありがたい一声をいただいたのでお言葉に甘えてお茶を一杯いただきました
熱いお茶を片手に、権現桜を眺めながら京都や奈良の桜の話をしました
ほんとうにお茶が美味しかった
ごちそうさまでした


また暫く車を走らせ針T.R.Sに到着
ここで昼食にうどんを食べながら次の目的地を探しました
そう、基本的に行き当たりばったりのパターンです
さっきから何度か『車を走らせて』みたいなことを書いてますが、僕は運転していませんし車も持っていません(笑)


そして宇治方面を目指して走ります
ほどなく月ヶ瀬に到着です
月ヶ瀬といえば梅が有名ですが、桜も綺麗に咲いていましたよ!


5D3_1788.jpg


月ヶ瀬は何故か天気が良くなく、空気も霞んでいたのであまり撮影しませんでした
京都はよく空気が霞みますよね


そして京都市に無事帰還
とっても楽しい撮影でした!
桜の魅力を味わい尽くした感じです!


いつもはメインカメラ、サブカメラを持っていくのですが、今回は5D markⅢとレンズ3本だけ持って行き、場面ごとにレンズを変えて撮影しました
外でのレンズ交換はゴミの混入もあり得るのであまりしたくないのですが、積極的にするのも良いなと思えました
基本的に桜ばっかりしか見ていませんが、全身で春を感じられてとても楽しかったです


撮影を終えて思ったことは奈良は桜の植え方が素晴らしいと思いました
京都は密集させることで風景全体としての桜の美しさ出している感じで、奈良は一本桜を綺麗に植えて育てる美しさを大切にしている感じがします
これはあくまで個人的な見解ですけどね
植える場所も見事ですし、桜の形も一品一本が見事なんですよね〜
実際に自分の目で確かめてみるとなんとなくわかってもらえると思います


来年も奈良に行きたいです


今回使った機材はコチラ↓


   






今日の一枚


IMG_a0176.jpg


なにを隠そう、当ブログの筆者です
横から自分を見ることはないのでこの写真が意外にも新鮮な感じがします
この瞬間の僕はファインダーを隅から隅まで見渡し、背景が汚くないか、ピントはあっているか、適切なシャッタースピードか等など、沢山の情報を目にして処理し、シャッターをきります
『おお、すげえ』と思ったでしょう?
そうやって初めて思うような写真が撮れるようになるんです




category: 写真

tb: 0   cm: 0

僕的に理想の靴 MERRELL(メレル) BRUNO LACE(ブルーノレース)  

 
いやー、ついに見つけました!
写真を撮りに行くことが多く、重い荷物を背負って長距離を歩くことがあるのですが、そういう時にぴったりな靴をずっと探していました
そしてついに発見したのです


そしてネットでポチりました


IMG_1270.jpg


IMG_1271.jpg


ということで今回はMERRELL(メレル)の BRUNO LACE(ブルーノレース) という靴のレビューです
恐らく靴のレビューは初めてだと思います


じゃーん!!


IMG_1274.jpg


どうです?
個人的にはスタイリッシュ性とカジュアル性があると思うデザインです
ブラックにライトブルーのカラーリングもGoodです!
ランニングシューズのようだけども、スニーカーのようでもあるちょうど中間的なデザインだと思います
僕はこういう靴を求めていたのです!!


なぜかと言いますと、長距離を歩くとなるとやはりランニングシューズかウォーキングシューズを履いたほうが楽なのですが、そういったジャンルの靴には僕のファッションに合う靴がないのです
そこで、カジュアルでも歩ける靴で信頼のあるメーカーで探してみると、ブルーノレースに辿り着いたというわけ
といっても試着したわけではないので、使ってみるまでは実際のところどうなのかわかりませんでしたが(笑)
靴を買うのが半年ぶりくらいだったのでなんかワクワクします!


ソールの部分にチラッとスプロケット(歯車)のイラストが書かれています
察しが早い方はもうお気づきかもしれませんが、これはストリートユースの靴でそれも自転車に乗ることを考えられたものです
なので靴の底がフラットになっています


IMG_1277.jpg


自転車専用ではなく、どちらかというと歩けて自転車も快適にこげる靴といった感じです
屈曲性が良くフィット感のあり、耐摩耗性に優れたソールを装備しているそうです
おまけに抗菌効果もあり、においを防止してくれるんだとか


靴のアッパー部分の素材はスエード(天然皮革)なので汚れには強くなさそうです
耐摩耗性はバッチリだとは思います


踵部分にはメーカーロゴがあります


IMG_1276.jpg


ただのロゴではなく光に反射する仕様になっているので夜間の歩行も安心です
ちゃっかりAIR CUSHION (エアクッション)なんてのも書かれています
メーカーによると「踵に受ける強い衝撃を吸収し安定した歩行を保ち、長時間の歩行にも疲れを感じさせない優れた機能」とのこと
クッション性も良さそうです


足首周りは肉厚で踝をしっかりと守ってくれそうです


IMG_1275.jpg


試しに履いてみたところ、なかなかのフィット感です
僕は普段から0.5cm大きめのサイズを履いているのでサイズは9H(27.5cm)を選択しました
コンバースのスニーカーと似たようなサイジングなので、コンバースのスニーカーを基準にしてサイズを選んで良いと思います


ブルーノシリーズには形状、色ともに3タイプあります
スリップオンみたいな形状のモック、僕が購入したショートカットのレース、そしてミドルカットのミッドです
カラーは、ブラック(黒/青)、マッターホルン(赤)、エスプレッソ(こげ茶)の3色です
バリエーション豊富なのでニーズや好みで選べるのが嬉しいですよね


早速通勤で使用してみましたが、スニーカーよりは断然歩きやすいですし脚が疲れにくいです
それにスニーカーほど重たくないのが良いです
思っていた通りなので個人的には満足度高しです
ただスエードなので最初は硬く感じますね
履き慣らしていくまでの我慢です


これならカメラバッグを背負って歩けるし、服装とも合わせやすいので違和感なく普段使いできます
僕のような些細な悩みを持っている方に是非使って欲しいです!


以上、僕的に理想の靴 MERRELL(メレル) BRUNO LACE(ブルーノレース)のレビューでした!


  






今日の一枚


IMG_0971.jpg


メインカメラにして超絶お気に入りのCanon EOS 5D markⅢの背面
画素が抑えめ(2230万画素)なので流行りの超高画素ではないけど、その分ノイズ耐性に強くバランスがすごく良い
SONYはα7Rの後継機を1200万画素にし、ノイズ耐性を高めて4K動画を搭載してくるという噂が出ている
ノイズを抑えるという点ではフルサイズ1200万画素は素晴らしいと思うけど、4K動画は必要ないと思う
一眼カメラはあくまで静止画に特化したものであって欲しいという個人的な欲求と、ほとんどのユーザーが動画をそこまで撮らないと思うのでいらないのではないだろうかというのが理由
果たしてどうなるのか



category: 生活雑貨

tb: 0   cm: 0

Part2 使いやすい単焦点 EF85mm F1.8 USMの画質ほか  

 
前回に引き続き、Canon EF85mm F1.8 USMのレビュー第二弾です!


IMG_1264.jpg


今回は使用感や画質等を作例を交えてレビューしたいと思います
季節は春、桜が満開の時期なので桜をこの単焦点レンズだけで撮影してきました


では早速作例をご覧ください


5D3_1448.jpg


5D3_1527.jpg


5D3_1478.jpg


5D3_1583.jpg


1枚目と3枚目は絞り開放のF1.8で撮影しているのですが、しっかりと解像していて眠くなっていません
だいたいのレンズは開放だとソフトな描写になるのですが、このレンズは開放から優秀でカリカリすぎない程度に解像しています
発色はわりと派手目な感じがします
現像時にどうにでもなるので気になりませんし、僕好みの発色ですので気に入っているくらいです
ボケ味ははまあまあといったところでしょうか
背景によりますが、素直な感じで汚くなりません
開放でも安心して使えるので、積極的にF1.8のボケ味を活かした撮影ができると思います


やや古い設計のレンズということで、逆光には決して強いとはいえません


5D3_1504.jpg


5D3_1570.jpg


ハレーションが入ったり、パープルフリンジが盛大に出たりします
ハレーションやゴーストは使い方によっては味になると思います
あえてコントラストを低下させる使い方ができるという言い方をすると良く聞こえるかもしれませんが、これは時と場合によるのでほとんどの場合残念な結果を招くことが多いと思います
パープルフリンジは現像時に低減できますのでそこまで気にする必要はないと思いますが、けっこう盛大に見えます(笑


フォーカスリングはスムーズである程度のトルク感があって操作しやすいです
流石にカールツァイスのレンズなんかと比べると操作感は劣りますが、困らないのでコレで良しです
フルタイムマニュアルなのも助かりますし、流石USMは爆速ですね〜


絞るとくっきりと全体的にシャープになります


5D3_1496.jpg


あまり絞るとどうしても回折現象の影響が出てくるので眠い写真になってしまうのですが、F14くらいまでなら問題ないと思います
ちなみにネットでみたテスト結果だとF8が全面的にもっとも解像するF値みたいです
さらっと作例として出しましたが、上の写真は今回のベストショットです


85mmという中望遠単焦点は意外と使う易いことがわかりました
一緒に24-105mmと70-200mmも持って行きましたが、一度も使いませんでした
それくらい使いやすい焦点距離だと思います


価格の割には描写が優秀で、満足度の高いレンズです
欲を言えばIS(手ぶれ補正)が欲しい気もしますが、それがあるとレンズが巨大化し重たくなるのでこれで良いと思います
いつもお世話になっているISが無いのでシャッター速度に注意する必要があるのが唯一使いにくい点かもしれません
あと、撮っていて思ったのですが、優等生であるがゆえに味がないように感じます
とっても素直な子ですが、素直過ぎてひねりがない感じです
でも癖がなく安心してシャッターを切れるレンズなので好きです


85mmの単焦点といえばカールツァイスやSigmaからも出ていますし、それらのほうがF1.4と少し明るいのですが、Canonユーザーには是非このレンズを使ってほしいと思います
逆光に弱いという弱点はありますが、それは使い方次第ですかね
僕は総じて満足度の高いレンズだと思います


以上!使いやすい単焦点 EF85mm F1.8 USMの画質などのレビューでした!
Canonユーザーは是非使ってみてください!
余裕があるならば85mm F1.2Lもありですけどね


 






今日の一枚


5D3_1584.jpg


写真を撮っていると声をかけられることがある
僕みたいな若者が大きなカメラを持って一人でうろうろしているのは、珍しい光景じゃないかなと思うのだけど、そんな僕に声をかけてくれる人がいる
「桜ばっかり撮ってはるんか?」「おばちゃんがもっと綺麗なところ教えたろか?」なんて話をしてくれた
春というのは出会いが多いものだなあと思う
 













category: デジタル一眼

tb: 0   cm: 0

明るい中望遠単焦点 Canon EF85mm F1.8 USMがやってきた  

 
この記事がUPされているころにはすでに増税しているはず
ということで今回は増税直前に買ったレンズのレビューでございます
どちらかと言うと新しい設計のレンズでは無いのでレビューする必要もないっちゃないのですが、一応しておきます


そのレンズがコチラ


IMG_1253.jpg


Canon EF85mm F1.8 USMです!
撮らないポートレート(笑)に最適な明るい中望遠単焦点レンズをついに買いました!
というかかなりのペースでレンズが増えてる気がする・・・
増税前なんでね(購入時)、良いじゃないですか
ね?


では早速開封していきます


IMG_1255_20140331175129c23.jpg


中身はレンズ本体、レンズポーチ、レンズフード、取り扱い説明書、保証書です
至ってシンプルな中身ですね
レンズフードが付属してくるのは知っていましたが、レンズポーチが付属してきたのは意外でした
まあ使わないんですけどね(笑)


レンズ本体がコチラ


IMG_1257.jpg


Lレンズではないので赤鉢巻がないのですが機にしません
85mm F1.2がLなのですが、とてもじゃないけど買える価格じゃありません
ということで比較的リーズナブルで評判の良いコチラを選択しました


新品のレンズって良いですね〜!
ピカピカだし、持ってるだけでドキドキします
カメラに装着してファインダーを覗く瞬間なんてもう、興奮モノです


フィルター径が58mmということでそこそこ大口径


IMG_1263.jpg


綺麗で見とれてしまいます
こんなガラスの塊が5万だなんてって思う方もいるでしょうが、レンズで5万は安い方です
半永久的に使える耐久性があるので、長い目で見ると安いかもしれませんね


ここでこのレンズの仕様を軽く説明したいと思います
・レンズ構成 7群9枚
・絞り羽枚数 8枚
・最小絞り F22
・最短撮影距離 0.85m
・フィルター径 58mm
・最大径×長さ 75mm×71.5mm
・質量 425g


ずば抜けてスゴイ仕様ではないと思います
質量が425gと比較的軽い部類なので持ち運びの際に助かりそうです


5D MarkⅢに装着してみるとこんな感じ


IMG_1264.jpg


なかなか様になってますよね
カッコイイです


スイッチ類はAF/MFの切り替えスイッチのみです
鏡筒はしっかりした作りで高級感があると思います
軽い部類のレンズですが、手に持ってみるとずっしりとした重みがあります
フォーカスリングは滑らかでヌルヌルと動きます


残念なところを1つ言うとするなら、フードがバヨネット式じゃないことです
はめ込み式なんですが、装着するとくるくる回ります
外れないので問題は無いのですが、せめて固定される仕様にして欲しかったです


今回はこれくらいにして、次回は作例と使用感をレビューしたいと思います
というわけで、明るい中望遠単焦点 Canon EF85mm F1.8 USMの開封レビューでした!


 






今日の一枚


5D3_1392.jpg


森ではない、林道でもない
とある場所にある古墳の中を撮影してみました
苔むした木がなんとなく気に入ったというだけで撮影
周りの雰囲気も取り込んだ一枚になったと思います
 




category: デジタル一眼

tb: 0   cm: 1