2014年03月 - りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々
FC2ブログ

りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々

デジモノや食品などの商品レビューや趣味のこと、その他様々なことを不定期で19時に更新しています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

超電導リニアが見たくて 名古屋リニア・鉄道館に行ってきた!   

 
たまたま名古屋に行く機会があり、たまたまリニア・鉄道館に行く機会があったので、あの超電導リニアを見に行きました!


最初に断っておきますが、僕は撮り鉄ではありませんし、鉄道車両全般に詳しくはありません
ただ、超電導リニアに興味があるだけの一般人です(笑)


京都から高速に乗り名古屋を目指し走ること3時間半で到着です


IMG_1558.jpg


入場料は大人が1000円、小中高生が500円だったと思います
僕が行った日は土曜日だったとこもあり親子連れが多かったです


入場料を払いチケットを提示して入場します
するとすぐそこに本命がいました


IMG_1562.jpg


IMG_1567.jpg


IMG_1573.jpg


そう、これが本命の超電導リニアMLX01-1です!
かっけええええええ!!!!
この流線型のフォルム、あまり詳しく知らないので語りませんが、とにかくカッコ良いです
この巨体が最高時速581kmで走るんですからスゴイですよね〜


この車体はもちろん着地していますが、実物は磁力の反発力を利用して10cmほど浮くことができます
そうすることで地面(レール)との物理的摩擦を無くし、高速走行を可能にしました


車内に入るとこもできます


IMG_1571.jpg


シートが装備されていますが、展示物なので実際に座ったりはできません
このシートはあくまで簡易的なもので、実際にリニアが走るころにはもう少し快適なものになっているんじゃないかなと思います
わかりませんけど(笑)


その他沢山の車両が展示されていました


IMG_1589.jpg


IMG_1590.jpg


親子連れだけでなくカップルもいたのが意外でした
シアターとかもあって鉄道の歴史的なムービーを見れたのですが、歴史には興味ないのでスルーしました(笑)
僕は技術に興味があるだけですので


本命の車両を見終わり、次に目指すのはミュージアムショップ
そこで買ったのがコレ


IMG_1241.jpg


これ欲しかったんです(笑)
MLX01-1のフローティングモデルです
フローティングというだけあってもちろん浮きます


IMG_1245.jpg


磁石の反発力を利用してふわふわと浮きます
ただこれだけのもので2,200円もするのですが欲しかったんです!


この流線型を見ているだけでうっとりします(言い過ぎ)


施設自体はそんなに長時間楽しめる感じではないのですが、MLX01-1を見れただけで満足です
興味あるかたは是非行ってみてください!


ではでは〜









今日の一枚


5D3_1409.jpg


いよいよ桜の季節!
近所の桜も綺麗に花を咲かせています
夕暮れ時の方が色っぽく見えると思ったので撮影してみました



 










スポンサーサイト

category: 観光

tb: 0   cm: 0

衝撃の味! Akagi乳業 ガリガリ君Rich ナポリタン味  


噂のアレを仕事帰りに見つけました
これこそ好奇心をくすぐる一品だと思います


IMG_1228.jpg


ということで今回はAkagi乳業 ガリガリ君Rich ナポリタン味のレビューです!
まさかのナポリタン味ですよ(笑)
このシリーズはこれまで、コーンポタージュ味→クレアおばさんのシチュー味ときていたのですが、ついにスープ系を脱却してナポリタン味になってしまいました


中身はこんな感じになってます


IMG_1229.jpg


見た目だけだとミカンかオレンジ系のアイスに見えますが、においがすでに強烈です
ナポリタンのにおいしかしないんですよ(笑)


かじってみるとこんな感じ


IMG_1231.jpg


外側のアイス、中のかき氷状のアイス共にナポリタンの味です
食感はいつもどおりのガリガリ君です


中にトマトゼリーが入っています


IMG_1233.jpg


ちょっと赤い部分がソレです
外側のアイスは甘いトマト系の味、中のかき氷状のアイスがナポリタンの風味、そしてトマトゼリーが純粋なトマトの味と言った感じになっています


さて、味についてですが・・・
一口目は『うわっ!』てなるくらい強烈な、まさしくナポリタンの味です
トマト味だけだと良いけど、ナポリタン特有の風味があってそれが妙にリアルです
甘めで慣れてくると美味しく感じます
美味しいというか、食べれなくはない味といった感じの方が正しいのかも(笑)
ナポリタン味の冷製スープを食べている様な感じで、個人差はあると思いますが、無理な人には無理だと思います
半分までは美味しく感じたけど、後半になると違和感がすごくてきつくなってきますよ
お口直しが欲しくなりますよ(笑)


これぞ好き嫌いが別れる味だと思います
個人的には食べれなくはないですが、また食べたいかと言われると遠慮したい味です
好奇心豊富な方は是非チャレンジしてみてください
以外に美味しいかもしれませんよ?


ということで、衝撃の味! Akagi乳業 ガリガリ君Rich ナポリタン味のレビューでした!






今日の一枚


5D3_1305.jpg


なんとも見た目にお洒落なカフェ
神戸にありそうな見た目だけど、地元のとある場所で撮影したものです
こういうお洒落なカフェにはいってみたいのですが、なかなか機会がないのと変な苦手意識があって入ったことがありません
自分は田舎者だなあと思う瞬間の1つ(笑)


category: 食品

tb: 0   cm: 0

濃密? meiji ほろっと濃密 coloco(コロコ)  

 
新発売のお菓子が近くのスーパーにあったのでつい購入してしまいました
ということで、今回紹レビューするのはコチラ!


IMG_1214.jpg


IMG_1215.jpg


meiji製菓のほろっと濃密 coloco(コロコ)です!
けっこうお洒落なパッケージで見るからに美味しそうなので買いました
値段はだいたい230円くらいだったかなあ・・・


『こんがり焼き上げた
まあるいガトーショコラ』という文句に惹かれました
勝手な予想では外側はパリっと甘く香ばしく、

開けてみるとこんな感じです


IMG_1217.jpg


ひとつひとつ個包装されています
こういう200円を超える高級思考のお菓子はだいたいこういった感じの包装になってきていますよね


中身はこんな感じです


IMG_1218.jpg


見た目はまるでトリュフチョコです
まんまるでかわいい感じ


割ってみるとこんな感じ


IMG_1219.jpg


層を成しているはずですが割り方が下手なので見えませんね(笑)


見た目にとても美味しそうですが、外側のこんがりと焼きあがった部分が中途半端な食感です
サクサクというわけでもなく、若干粉々しい感じで舌触りが良くない
中のチョコレートは柔らかくとろっと溶けます
カカオの苦味と甘さのバランスが良いのですが、なんとなく中途半端な感じでまとまりがないような・・・
230円ほどの価格設定のお菓子にしては、個人的には完成度が低いかなあと思います
個人差があるのであくまで参考程度に思ってくださいね


興味あるかたは食べてみてください
僕はあんまり・・・といった感じでした(笑)


いつもにましてサクッとした簡単なレビューですが meiji ほろっと濃密 coloco(コロコ)のレビューでした!






今日の一枚


5D3_1265.jpg


弟の車、日産のノート
ヘッドライトがカッコ良いというので、ヘッドライトの主張を多めに感じるように撮影
最近のはやりはどうやら『ツリ目』なようで、各メーカーがこぞってこんな感じのデザインにしているように思います




category: 食品

tb: 0   cm: 0

あるとけっこう便利 HAKUBA(ハクバ) カメララップM  


今回はとあるカメラアクセサリーの紹介です
レビューするのはコチラ!


IMG_0925_201403161837141b9.jpg


IMG_0927_201403161837167c9.jpg


HAKUBA(ハクバ)のカメララップMという商品です!
カメララップというだけあってカメラを包むのに使えるものです
なので中身は至ってシンプル


IMG_0928.jpg


そう、これだけです(笑)
今回ボクがチョイスしたのはカモフラージュグレーという色ですが、この他にもオリーブグリーンやブラック、レッド、ブルー、オレンジ等色んなカラーバリエーションがあります
大きさはW480×H480mmなのでかっこうな大きさがあります
主な用途としてはパッケージにもある通りカメラなどの機材を包むことですが、工夫しだいで色んな使い方ができそうです


生地表面(カモフラージュグレーの部分)は撥水加工が施されており、しっかりと水を弾いてくれます


IMG_0930.jpg


半信半疑で水をかけて見たのですが、ちゃんと撥水していました
生地の裏面(黒いほう)はマイクロフリース生地になっていて、とても優しい肌触りです
こういう生地の枕カバーが欲しいくらい気持ち良いんですよこれ(笑)


実際に使ってみるとこんな感じです
こうやってカメラを包んだり

IMG_1212.jpg


レンズを包んだりできます


IMG_1213.jpg


カメラはフルサイズの5D markⅢに24-105mmのレンズを着けた状態で包みましたが、普通に包むことができたのでたいていのカメラは大丈夫です(大きさの話)
商品の端に伸縮性のあるゴムひもがあるのでソレを使うとうまく包めると思いますよ


応用編ですが、こんな使い方もできます


IMG_1209.jpg


長時間露光などをする際にレンズやカメラボディについてしまう霜を防いだり、ファインダー側からはいる光をシャットアウトしたりできます
70-200mm f2.8の長いレンズを着けた状態でもしっかりとレンズとカメラを守ることが出来ました
霜だけでなく、ちょっとした小雨が降る場合でも撥水加工が施されているので役に立つと思います
太陽光も遮断できるので、ライブビュー時の液晶が格段に見やすくなります


別に無くても良いとは思いますが、あると便利でなにかと使用するシーンが多いです
調度良い大きさですし、厚みもそんなにないのでかさばりません
使ってみて初めてわかる便利さですよ!
僕みたいに風景を撮影したりする人は1つ持っといても損はないと思います


以上、けっこう便利な HAKUBA(ハクバ) カメララップM のレビューでした!


    






今日の一枚


image.jpg


某家電量販店で撮った一枚
そう、Nikonのオールドスタイルカメラ『Df』というやつ
けっこう人気らしいけど、ほんとうに良いのかと思って触ってきました
結果、シャッター音は良いけれど、グリップ形状が僕には合いませんでした
握り幅が浅くて、どうも指が浮いてしまうんですよね〜
道具というのはデザインも重要だけど、どこまで行っても機能性優先だと感じました


category: 撮影機材

tb: 0   cm: 0

春は城陽市から! 梅1万本の青谷梅林を目指して・・・  


3月といえば梅!
観梅の季節ですよね〜
ということで僕が住んでいる京都府下では最大の梅林である青谷梅林に行ってきました!


JR京都駅から奈良方面の電車に乗って目的地付近の山城青谷駅を目指します
車窓を眺めていると目的地に近づくにつれて梅が多く見られました
電車に揺られること約40分、山城青谷駅に到着です


青谷梅林までは駅から約20分歩きます
歩くのは好きな方ですし、ばっちりランニングシューズを履いていたので楽しく歩き回れました
右を見ても春、左を見ても春、空を見ても春って感じでウキウキしますね〜
この日は約10kgの撮影機材を持って歩きまわったのですが、これが後々効いてきました(笑)


いつものようにGoogle先生を頼りに目的地を目指したのですが、歩けど歩けどそれらしいものが見えてきません





途中小さな梅林が点々とあるのですが、梅うどんや梅干しなどが食べられるという梅まつりの会場が見当たらないのです(笑)
ウェブで城陽市の観光マップを見たりして探したのですが結局会場は見つからず・・・
城陽市さん、もっとわかりやすくしてください!


仕方なくそこら辺の梅林を撮影しました(笑)
ということで、写真を御覧ください


5D3_1247.jpg


5D3_1243.jpg


5D3_1222.jpg


5D3_1249.jpg


5D3_1217.jpg


この日は天気が良かったので撮影が楽しかったです
夢中になって撮りました(笑)


で、ベストショットがコレです


5D3_1245.jpg


題して『小春日和に』
冬が過ぎ、高い場所からサンサンと降り注ぐ太陽の光を浴びて、梅が綺麗に咲いていました
コントラストが強すぎない太陽の光、鮮やかな緑、さわやかな空が春らしさを感じさせてくれると思います


撮影に使用したカメラはもちろんCanon EOS 5D MarkⅢです
レンズは開放から中央部が単焦点レンズ並の解像感(ほんとか?)と言われるEF 24-105mm F4 L IS USMです
その他にも望遠やマクロレンズを持って行っていたのですが、全くレンズ交換せずに撮影しました
そのくらいオールラウンダーなので頼もしいレンズです


『ガシャ』って感じの金属音混じりなシャッター音も気分を盛り上げてくれました
ほんと5D MarkⅢ買って良かった(笑)
ボタンが多くて難しかった操作系にも、今ではすっかり慣れたので快適そのものです!


この記事がアップされる頃には梅の花も終わりを迎えて桜の季節になると思います
桜もまた春を感じさせてくれる美しい植物なので、名所に撮影にいきたいと思っています
奈良あたりに出没予定(多分)です


桜も楽しみだー!!


 







今日の一枚


5D3_1253.jpg


知る人ぞ知るフォルクスワーゲンのビートル(だそうです)
この可愛らしいヘッドライトとボディライン、そして真っ赤な色に魅力を感じて撮影しました
メッキもとても綺麗でアクセントになっています
乗りたいとは思わないけど、絵になる車だなーと思いました





category: 写真

tb: 0   cm: 0

天空の城? 竹田城址にいってきたけども・・・  


最近有名になったとある場所に行ってきました
天空の城とも称されるとある城跡です
ご存知の方も多いはず
ということでタイトルにも有りますが兵庫県は朝来市にある竹田城跡に行ってきました!


朝3時起床という超早起き
そして4時に出発、高速を乗り継いで朝来市を目指します
今回チョイスした撮影機材は下記の通り


Canon EOS 5D markⅢ
Canon EOS 60D
Canon 24-105mm F4L IS USM
SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM
TAMRON AF 90mm F2.8 Di MACRO
TAMRON SP AF 70-300mm F4-5.6 Di VC USD


ざっとバッグに詰めるとこんな感じ


mycam_201403091657597f5.jpeg


三脚や折り畳み傘、リモートレリーズなども入っているのでざっと10kgくらいの重さになります
TAMRONの70-300mmはなにかの時のためにと思って持って行きましたが、一回も使いませんでした(笑)


車で走ること2時間半(僕は運転していない)、竹田城跡近く到着しました
予定では雲海を撮影!という感じだったのですが、目的地はまさかの雪だらけ
右を見ても真っ白、左も見ても真っ白といった状況(笑)
おまけに空も地面も白いので色がない世界にいるみたいな感じになってました


城跡のすぐふもとの駐車場までは車で行けないとのことで、道の駅みたいなお店の駐車場から歩くこと約25分
やっと竹田城跡にたどり着くことができました


5D3_1096_20140309170722a18.jpg


5D3_1097.jpg


5D3_1085.jpg


白黒写真じゃないですよ?
一応フルカラーです(笑)
風邪も強いし、雪もスゴイしでもう撮影を諦めようかと思ったのですが、せっかく来たので何枚か撮りました
防塵防滴仕様の5D markⅢで撮影したのですが、壊れないか心配になるくらい雪だらけになりました(笑)


全く納得いかない撮影だったので、また機会があればリベンジしたいです
雲海が見れるのが10月〜3月くらいまでらしいので、リベンジするなら今年の秋ですね


心が折れそうになりながらなんとか下山
地元の人らしきおじさんが『ごめんね〜!今日は映画の撮影があるから雪ふらせとんのや!(笑)』なんて冗談を言ってまいした(笑)
折れそうな心に笑いが入り、少し暖まりました
おじさんありがとう!!


機材をバッグに片付け、次の目的地を目指してまた2時間ほど走ります
目的地は神戸にある神戸市立森林植物園
けっこうマイナーな施設らしく、人が少なかったです


ここでは70-200mmと90mm MACROを使用しました
撮影目的は植物と風景
僕が好きなオオルリなどの野鳥もいるみたいなのですが、僕が持っているレンズでは狙えない(笑)


では写真を御覧ください


5D3_1114.jpg


5D3_1118.jpg


IMG_1448.jpg


5D3_1166.jpg


ここでも思ったような写真が撮れず
梅もまだ蕾で話にならず(笑)
でも蝋梅が綺麗だったのが良かった!
最後の一枚は実は植物園から外れた場所にある貯水池なのですが、ここでカワセミと出会うことができました
5年ぶりくらいにあのエメラルドグリーンを見れたが嬉しかった


一緒に行った人が、話題のTAMRONの150-600mmで撮影していましたが距離が遠いためになかなかうまく撮れないと言っていました
70Dなので連射速度やAF距測点の数は問題ないと思うのですが、あの小ささの鳥をそれなりに大きく撮ろうとそれなりの焦点距離のレンズが必要なようです
35mm換算で960mmのレンズでも足りないなんて、一体どれだけの焦点距離のレンズがいることやら・・・
恐ろしいです(笑)


70Dと150-600mmを触らせてもらいましたが約2.7kgなので結構重たかったです
望遠端にした時にけっこうフロントが重たくなるので、バランスがとり辛い印象がありました
写りに関してはズームレンズなので相応な感じですが、僕的には絞れば使える感じです
最低でもF8まで絞る必要があるでしょうね
これだけのレンズが10万円ほどで買えるので、TAMRON頑張ってるな〜って思います
Sigmaさん、対抗機出してください!
150mmから始まら無くていいので、SIGMA 200-600mm F4-6.3 DG OS HSM的なやつを期待してます(笑)


話がまとまらずに二転三転していますが、また竹田城址を撮影にいきたいと思います
神戸森林植物園ももうちょっと暖かくなったら行きたいです(ここでも大雪に降られた)
結果的に楽しかったので良しとしましょう(笑)
超望遠レンズは要検討です(え


終わり










今日の一枚


IMG_0706.jpg


某渓谷にある獣道のような小さな山道
何気ないただの山道だけど、ここを何千人、何万人という人が通ったかと思うとふと面白く感じる
そんなことを思う人は多分なかなかいないだろうと思うから、自分は変わった人なんだろうと思う(笑)








category: 写真

tb: 0   cm: 0

何味!? 不二家 LOOK(ルック) プラスマイナス味  

これまた面白いものを発見しました


IMG_1200.jpg


IMG_1201_20140304124551263.jpg


プラスマイナス味って・・・
好奇心に勝てずに買ってしまいました
某コンビニにて126円くらいでした
ということで今回は不二家 LOOK(ルック) プラスマイナス味 のレビューです!


この商品、初音ミクゲームプロジェクトとのコラボ商品のようです
パッケージのキャラクターは鏡音リンとレンです
あまり詳しくないので良くわからないのですが、ボーカロイドは好きなので知ってはいます(笑)
今や国民的キャラクターですよね〜
歌手といったほうが良いでしょうか?
知らない人は是非下の動画をご覧ください!














名曲は山ほどあるのですが、このへんにしときます
圧倒的な再生回数が人気を象徴していますよね
いーあるふぁんくらぶなんかなかなか無い感じの曲なので面白いですよ(笑)


パッケージを開けると感じです


IMG_1203_20140304120719365.jpg


ここでまさかのプラスマイナス味のネタばらし(笑)
拡大しちゃうと読めちゃうので、楽しみにしたい方は読まないほうが・・・


中身はこんな感じです


IMG_1206.jpg


いつもの見た目です
ここにもキャラ使ったりしたら面白いのに、面白みのない演出(笑)


割ってみるとこんな感じ


IMG_1208_20140304120725811.jpg


全部同じ味です
コーヒー的な、ミルク的な、味ですよ(笑)
味を言わないとレビューにならないので言いますが、カフェモカ系の味です
コーヒーの苦味とミルクの甘さが程よくて美味しいです
わりとしっかりコーヒーの風味があるので、小さなお子さんにはオススメできないかも
個人的にはベストマッチって感じで美味しい!


このレビュー、『いーあるふぉんくらぶ』を聞きながら書いているのですが、耳についてしかたない
テンポ・リズムも良いですし、歌詞も良いのでオススメの曲です


以上、不二家 LOOK(ルック) プラスマイナス味 のレビューでした!






今日の一枚


IMG_0886_201403041314017e3.jpg


また鳥ちゃん
なんていう名前の鳥なのかはわからないけど、大切そうにメジロの羽を咥えているのがなんともかわいい
落としては拾い、落ちしては拾いの繰り返しだったので、案外おっちょこちょいな鳥なんだろうと思う(笑)
そこもまたかわいいと感じるのだから不思議だ






category: 食品

tb: 0   cm: 0

A3ノビ対応プリンター Canon PIXUS iP8730がやってきた!  

 
我が家にまた、とてつもなくデカイ箱がやってきました(笑)


IMG_1160.jpg


IMG_1161.jpg


何を購入したのかが一目でわかってしまうような状態できたのでびっくりしました
というか、予想以上に大きな箱で来た(笑)


今まで撮った沢山の写真をプリントすることがなかったのですが、とあることがきっかけで印刷するところまでが写真表現だと思い、買ってしまいました
Canonを選んだ理由は単純です
それはCanonが好きだから(笑)
それだけではなくて、カメラもCanonなので色合わせがし易いかなと思ったのも選んだ理由の1つです


ということで、今回はCanonのA3ノビまで対応のプリンター、Canon PIXUS iP8730のレビューです!


箱を開けるとこんな感じです


IMG_1162.jpg


取説、サンプルの写真用紙、セットアップディスク、インク、電源ケーブルなんてものが入っています
写真用紙を用意していなかったので、サンプルの用紙がついてきたのがありがたかったです


そして、出てきたのたのは巨大なプリンター本体


IMG_1164.jpg


写真ではわかりにくいですが、かなり大きいです
外寸は約590×331×159mmです
狭い部屋に置くとこれがけっこう大きくて場所を取ります(笑)


早速インクをセットし、使える状態にしていきます


IMG_1168.jpg


インクは染料インクが、ブラック、マゼンタ、シアン、イエロー、グレーで、顔料インクがブラック1本です
ということで合計6本のインクが採用されています
グレーインクを採用することで、今までよりもなめらかなグラデーションの再現が可能になったそうです


パソコンとはケーブル接続ではなく、Wi-Fiによる無線接続をしました
ケーブルの方が楽ですが、プリンターをパソコンの近くに設置しないといけないのでやっかいなんですよね


IMG_1169.jpg


セットアップが完了したので試し刷りです
ウイーンウイーンとわりと大きな音を立てながら印刷します
静音モードもあると思いますが、ひとり暮らしなので必要ありません


実際の音を聞かないことにはイメージしにくいと思いますので、実際に聞いてみてください





結構機械音がすさまじい感じしますよね
刷ってますよ!ッて感じで僕はすきですけど(笑)


ちなみにこのプリンターの最高解像度は横9600×縦2400dpiとなっています
かなりの高解像度ですが写真印刷の場合300〜350dpiもあれば十分高画質です
試しに何枚か刷ってみましたが、どれも素晴らしい画質でした


IMG_1174.jpg


まるでそこにあるかのような画質です
黒つぶれもなくなめらかに暗色部分を描いてくれています


色合せも簡単だったので助かりました
簡単に思った色が出せるので助かります


画質面では大満足なのですが、1つだけ不満な点があります
それは大きさと重さ


先程も言いましたが、けっこうデカイので置き場所や収納場所にこまります
僕の場合だと部屋の片隅においている状態です
重さも8kg超えなので軽いとはいえません
まあA3ノビまで対応しているプリンターなので当たり前っちゃ当たり前なんでしょうけどね


置き場所には困りますが、期待していた通りの画質と色だったのでとても満足しています
なかなかA3ノビの大きさの写真を印刷することはないと思いますが、大は小を兼ねるというのでいつか役にたつでしょう


以上、簡単ですがA3ノビ対応プリンター Canon PIXUS iP8730のレビューでした!


  






今日の一枚


IMG_0908_201403040027269f1.jpg


目の周りが白いから『メジロ』
うぐいす色の羽の糸がなんとも美しいと思う
狙ったわけではないけれども(笑)萎びた椿の花の合間から見えるフレーム構図というやつ
こうやってボカしてしまえば、萎びた椿の花も美しく見える



category: パソコン関連

tb: 0   cm: 0

濃厚! 不二家 白いミルキーチョコレート  


新発売!
というタグにつられて買ってしまいました(笑)


IMG_1194_2014030400032528f.jpg


ということで、今回は不二家の白いミルキーチョコレートのレビューです
あのミルキーがチョコになったというとこで、ミルキー好きとしては買わずにはいられない逸品です(笑)
あの歯が溶けるような甘さとミルク感が好きなんですよね
滅多に食べませんけど!


中身はこんな感じです


IMG_1195.jpg


真っ白です!
チョコ表面にペコちゃんの絵が書かれているのですが、コントラストが低いため確認しずらいです
これは肉眼で見ても同じです(笑)


開けた瞬間からミルキーの香りがすごくします
凄まじく甘い匂いです


割ってみるとこんな感じ


IMG_1197.jpg


白に白なのでわかりにくいですが、ホワイトチョコにミルキークリームが包まれています
で、肝心な味ですが、期待通りのミルキー感が最高です
ミルキーの甘さとミルク感にホワイトチョコが更にミルク感を足してくれます
思っていたよりも甘くなく、以外に甘すぎない甘さです
ただミルク感が濃厚で美味しいですよ!
ミルキー好きな人には是非オススメです


以上、不二家 白いミルキーチョコレートのレビューでした!






今日の一枚


IMG_1013.jpg


普段から良く行く某家電量販店の袋
いつもなら白い字だけなのに、なぜか青い字が!
レアだ!と思ったのですが、どうもそうではないようで・・・(笑)
黒バックに白と青の字がカラーマッチング的に妙に格好良く感じた





category: 食品

tb: 0   cm: 0

伝説のマクロレンズ TAMRON SP AF 90mm f2.8 Di MACROがやってきた!  

春だ!花の季節だ!梅!桜!菜の花!!!
はいどーも、当ブログ管理人のかぜ君でございます


春到来ですよ皆さん!
暖かい日差し!
心地良い風!
ウキウキと弾む心!
ずるずると出る鼻水!
そう風邪!(笑)
風邪から回復いたしまして、絶好調でございます!


ということで、タイトルにもありますがアノ・・・
アノ・・・!伝説のマクロレンズを購入いたしました〜
ついに中望遠マクロ!
素直に嬉しい(笑)


最近は主に風景写真に注力していますが、標準ズームや望遠ズームでも撮れない花のある風景を撮りたいと思い、寄れる中望遠レンズが欲しい!ということで購入に至りました
花を撮ったりもしますしね
いつもは新品を買いますが、今回は中古で良い状態のレンズが格安だったので中古を選択


IMG_1180.jpg


レンズの鏡筒に目立つ傷もないですし、ゴム部分も白化してません


IMG_1181.jpg


レンズ内にも目立つホコリも無いしかなり状態が良いほうです
もちろん曇りやカビもありません
アタリレンズです!


このレンズが何故伝説のマクロレンズなのかと言いますと、発売当初、開放から使える解像感と溶けるようなボケ味がもの凄く評判になったレンズだからです
解像感が高いレンズはボケが硬い、もしくは汚くなりがちですが、このレンズは解像感とボケ味を両立させた素晴らしいレンズなのです
最後のほうで作例をご覧いただきますが、ほんと素晴らしいですよ(笑)


IMG_1183.jpg


フォーカスリングを手前に引くと『カチッ』という音と共に青いリングが出てマニュアルフォーカスモードになります
フォーカスリングの感触は正直いって良くないです
スカスカではありませんが、ヌルヌルでもありません
ヌルヌル動く方がフォーカスの微調整がしやすいのですが、僕的には素早くフォーカスしたいのでこの感触で良いです


モデル名に『AF』とあるのでもちろんオートフォーカスも機能します
ただ、超音波モーターで無いのでモーターの駆動音がうるさめです
外で撮影する分には問題無いですが、屋内だとかなり目立つと思います
知らない人が聞くと『え?何の音!?』と思うかも・・・


個人的にフォーカスリングを前後するだけでAF/MFを切り替えられる機能が使いやすいです
AFで焦点を外した時に素早くMFに切り替えることで、シャッターチャンスを逃しにくいと思います


余談ですが、鏡筒にあるブラックとゴールドの帯がカッコ良いです
このモデルの後発モデルは金一色の帯になってしまいます
これが妙にダサく感じてしまうんですよね〜
完全に個人の好みの問題ですけど(笑)
(※この黒帯は一時的なもので近年のものはこのモデルでも金帯のようです)


フォーカスリミッタースイッチがありますがコレは使わないと思います


IMG_1185_2014022618264548d.jpg


鏡筒はここまで繰り出します
ズームレンズじゃないですよ?(笑)


IMG_1184_20140226182642d5e.jpg


フォーカスレンジの関係でこんなにも伸びてしまいます
もちろん等倍撮影もできます


EOS 60Dに装着するとこんな感じ


IMG_1190.jpg



思ってたより様になってます
買ってから気がついたのですが、今では珍しいMade in japanです
最近のTAMRONはMade in Chinaですからね〜
まあ別にしっかり移ればどこ産でも良いんですけどね(笑)
あと、微妙に鏡筒がガタつく・・・
中古だからか、もともとなのかわからないですけど(汗)


スペックうんぬんはTAMRONのHPにてご覧ください


では最後に、簡単な作例をご覧ください


IMG_1194.jpg
(開放f2.8にて撮影)


IMG_1201.jpg
(絞りf4にて撮影)


IMG_1208.jpg
(こちらもf4にて撮影)


IMG_1203.jpg
(絞りf8にて撮影)


どうでしょう?
ボケがトロトロでしょう?
ピントが合っている部分はシャープです
f8まで絞ると流石にカリカリの描写です
単焦点レンズ並だと思います


色味は暖色系で濃い傾向にあります
被写体によっては色が濃くですぎたりするのが難点かもです
花なんかは綺麗に撮れますけどね


価格の割にはけっこう描写が良くてびっくりしました
コスパ良い!
けどやっぱ若干ガタつくのが気になる(笑)
分解修理してみようかなあ・・・


ということで、伝説のマクロレンズ TAMRON SP AF 90mm f2.8 Di MACROのレビューでした!


 






今日の一枚


5D3_0915.jpg


幾重にも花びらを重ね、綺麗に咲く梅
正しくシーズンであったのでとても綺麗に花を咲かせていました
ついついピントがあっている部分に注目しがちですが、背景も重視して色の配置にこだわって撮影しました
フルサイズのボケ味は秀逸ですね



category: デジタル一眼

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。