スマートフォン関連 - りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々
FC2ブログ

りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々

デジモノや食品などの商品レビューや趣味のこと、その他様々なことを不定期で19時に更新しています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

iPadを保護! X-Dria(エックスドリア) iPad Air用 SMART JACKET SLIM  

iPadなど、タブレット端末を購入したら次に買うものといえばケース&液晶保護フィルムだと思います
裸で使うよ!という人もいるでしょうが少数派でしょう


ということで今回紹介するのはコチラです


IMG_0062_201312032106568c0.jpg


IMG_0064_20131203210656e51.jpg


X-Dria(エックスドリア) の iPad Air用 SMART JACKET SLIMです
ヨドバシにて4500円ほどでした


色々ケースがあって見本も沢山あったなかでこのケースを選んだ理由は、液晶も背面も守れる一体型だったからです
あとはケース表面の手触りが気に入ったからです
カラーは4色で、ブルー、ホワイト、ブラック、ピンクがあります


中身はこんな感じ


IMG_0068_20131203210657795.jpg


見た目は至って普通で、ありがちな感じです
ケースの素材は恐らくABSだったと思います(見ておくのを忘れた)
調べればわかるだろ、と思ったのですが何故かメーカーのHPに載ってなかった(笑)
日本限定なのか、HPが更新されてないかだと思いますが原因は不明です


色々なケースの中でも比較的薄いほうで、柔軟性があります
実寸ではないですが0.8mmくらいじゃないかなと思います
画面カバーの表面はさらさらしていて非常に手触りが良いです
裏面はマイクロファイバー素材で若干ふかふかしています


見えにくいかもしれませんがロゴがさりげな~く入ってます


IMG_0069_201312032106581dd.jpg


あまり目立たないので問題ありません
見えても文字がないのでダサくないんじゃないのかなーと・・・


iPad Airに装着してみるとこんな感じです


IMG_0071_20131203210659c61.jpg


がたつきなくしっかりとフィットします
スピーカー部分を覆わないので音がこもったりしませんし、ライトニングの差し込み口も問題なく使えます
Apple純正のスマートカバーと同じようにフタ部分をスタンドのように使うことも可能です(写真撮るの忘れた)
基本的に純正のものと機能は同じです


ただ、ハズレを引いたのか僕が購入したやつはフタを閉じた時に若干のズレがあるようで、開閉での自動ON/OFFが機能しない時があります
磁気センサーがうまく感知してくれないのがやや気になるところではありますが、これは個体差によるものだと思います


ちょっとした問題はありましたが、しっかりとiPadを守ってくれる上に軽く、薄いのでデザインを損ないません
正しくスマートです(笑)


Apple純正のスマートカバーだと、純正のライトニングアダプターでも使えないものが出てくるので、変換アダプターなどを使う人はこういったスピーカー部分が大きく開いたものが良いと思います
あと、何より安いのもメリットでしょう
純正だと9400円もしますしね


iPad Airをすでに持っている方、これから購入を考えてる方にオススメです!


以上、デザインと薄さを損なわないX-Dria(エックスドリア) の iPad Air用 SMART JACKET SLIM でした!






スポンサーサイト

category: スマートフォン関連

tb: 0   cm: 0

DSLR controllerでスマホを高性能リモートレリーズに!  


今回紹介するのはキャノンのEOSユーザーなら是非ともインストールしておきたいandroidアプリ『DSLR controller』です


IMG_9942.jpg


Playストアにて649円で販売されています
高い!と思うかたもいるかもしれませんが、このアプリの機能を知ったら納得の価格です


このアプリを使用するために必要なものはアプリに対応したスマートフォン、USBホストケーブル、USBケーブルです


IMG_9937.jpg


USBケーブルはカメラを買った時に付属してくるやつが使えます


特殊なのはUSBホストケーブルというもの


IMG_9917.jpg


このUSBケーブルを使用することで本来デバイスとしてしか機能しないスマホにホスト機能を付帯することができます
簡単に言うと子機が親機に変身するってことです
これによって一眼レフをコントロールすることができます


USBホストケーブルとUSBケーブルを合体させ、スマホに接続します
そしてもう一方を一眼レフに接続します


IMG_9925.jpg


準備はたったのこれだけです
簡単でしょ?


あとは一眼レフの電源を入れればアプリが勝手に立ち上がり、ライブビュー画面がスマホに表示されます


IMG_9926.jpg


上の画像を見てもらえればわかると思いますが、様々な機能が表示されています
有線接続なので無線に比べるとタイムラグは少ないです
ごくわずかなラグなので困ることはないと思います


IMG_9928-tile.jpg


スマホならではのタッチ操作ももたつくことなく軽快にできます
もちろんオートフォーカスも可能ですよ
60Dもライブビューなので遅いですけどね(笑)


そういうときのためにマニュアルフォーカスに対応していますし、10倍まで対応している拡大表示のおかげでフォーカスを容易に追い込めます
高精細な大画面でライブビューが可能なので、星空の撮影なんかにも役にたつと思います


星空といえばバルブ撮影ですが、これにも対応しています


IMG_9934.jpg


レリーズボタンを一度押すとカウントがスタートし、何秒シャッターが開いているのががひと目でわかります


この他にもタイムラプス撮影も可能です
649円とやや高めのアプリですが、キャノン純正のリモートレリーズを買うよりも安くつきますし、かつ多機能なのでコスパは凄く高いと思います


ただ、android版しかアプリがないのでiOSでは使えないのと、キャノンのデジタル一眼にしか対応していないので使用できるユーザーが限られているのがネックです
あと、アプリに対応しているスマホが必要です
環境さえ揃っていればスマホがかなり便利なアイテムになりますよ!


以上、スマホを高性能レリーズに変身させるDSLR controllerのレビューでした!









category: スマートフォン関連

tb: 0   cm: 3

歯痒さにさようなら Androidアプリ Google日本語入力  


スマートフォンを使っていると、メールやチャットなどでの文章作成で歯がゆい思いをしているかたは少なくないのではないでしょうか?
よく使う言葉なのに変換で出てこないなんてことは良くありますよね
ユーザー辞書で毎回毎回登録するという手もありですが、いかんせんめんどくさい・・・


そんな時はスマートフォンの設定から入力システム自体を変更するのがオススメです


有名どころでいうとエイトックですね


fc2_2013-02-02_07-43-28-513.jpg


しかし1500円もします
スマートフォンの入力で仕事をするのなら未だしも、プライベートで使う程度で1500円を払うのはちょっと・・・
そんなことを思いながらPlayストアを物色しているとこんなアプリがありました


その名もAndroidアプリ Google日本語入力!


fc2_2013-02-02_07-43-55-962.jpg


Android OSを生み出したGoogleから出ているアプリなので信頼性は抜群
しかも無料なんです


早速インストールしてスマートフォンの設定から入力システムをGoogle日本語入力に設定
入力方法は『ケータイ打ち』『フリック入力』『ケータイ打ち+フリック入力』の3タイプから好きな入力方法を選択できます
ケータイ打ちというとお馴染みのボタンを連打する入力方法ですね
僕は練習の意味も込めて『フリック入力』を選択しました


次に入力キーボードの設定です
こちらもまた『ケータイ配列』『QWERTY』『Godanキーボード』と3タイプ用意してあります
僕は使い慣れた『ケータイ配列』を選択しました
fc2_2013-02-02_08-04-27-630.jpg


顔文字や絵文字はどうなの?という方
心配無用です


fc2_2013-02-02_08-15-43-788.jpg


ちゃんと用意されていますし種類も豊富です
顔文字の選択がしやすくてけっこう使いやすいですね


語句の変換も普段使いでは問題ないです
最近流行りのビジュアル系エアバンドの『ゴールデンボンバー』なんかも変換候補にしっかり出てきます
しかもメンバーの名前までバッチリ出てきます(笑)


最初からスマートフォンにインストールしている入力システムで歯がゆい思いをしているアナタ
是非インストールして試してみてください!
特にギャラクシーユーザーにオススメです(笑)


以上、Androidアプリ Google日本語入力の紹介でした!



category: スマートフォン関連

tb: 0   cm: 0

docomoが新OS『TIZEN(タイゼン)』搭載スマホを発売  


時代の最先端アイテムといっても過言ではないほどに著しい成長を遂げているスマートフォン
そのスマートフォンの2大OSと言えば皆さんご存知のGoogleのAndroidとappleのiOSです


現在、スマートフォン市場における勢力はAndroidが7割を占めています
iOSが作り出したブームに乗っかる形で勢力を伸ばし市場を乗っ取ろうとしているわけです


そう、一昔前にappleが作り出したパソコンブームをあのwindowsが乗っ取るように・・・


ちなみに筆者の僕はandroidとiOSの両方を使っています


Android端末の販売に力を入れているキャリアがあります
3キャリアのなかで唯一iOS端末であるiPhoneを販売していない会社
そうですNTT docomoでございます


そんなdocomoが先日、新OS搭載のスマートフォンの販売を決めたとの報道がありました


その名も『TIZEN(タイゼン)』


e05576fd68c4d9c905554b5dcaa50342.png


タイゼン?なんだそれ?という方のために・・・


Tizen(タイゼン)は、フリーソフトウェアでオープンソースのモバイルオペレーティングシステムである。Tizenは Linux Foundation による Linux に基づいていて、Tizen Association が開発している。タブレット、ネットブック、スマートフォン、スマートテレビや車載情報システムなどの利用を想定している。
このOSは MeeGo のネットワークマネージメントや、Intelが開発したMoblinや、ノキアが開発したMaemoなどから様々なモジュールを取り込んでいる。開発を進めるTizen Association という非営利コンソーシアムは、Huawei, Intel, NEC, NTTドコモ, Orange, パナソニック, Samsung, SK Telecom, Sprint, Telefonica, Vodafoneなどから構成される。
                                  (Wikipediaより引用)


開発にdocomoが関わっているOS会社といういことです
たくさんの大手企業が関わっているOSだけあって期待ども高いですが、その姿は謎が多いです


ただ一ついえるのは、GoogleのOSであるandroidよりも自社のサービスを反映させやすいということです
つまりdocomoにとって都合が良いということなんでしょうね
ガラパゴス携帯に逆戻りといったところでしょうか


タイゼンが今後どのようにそのシェアを伸ばしていくのかに期待や興味がありますが、僕にはAndroidを超えるものになりうるようには思えません
どうなるかわかりませんが自由度の低いOSになりそうな気がします


何を売りにするのか・・・
androidのみで頑張ってきたのに今更新OSだなんて変な話です


『そんなことよりdocomoからもiPhone出せよ』というのが消費者の真意じゃないでしょうか


スマートフォンの行き着く先は一体なんなのか
そもそも電話といえるのか
今となっては通話機能が付帯したモバイル端末という感じにしか思えません


しかし、面白い流れであることは確かなんじゃないかなと思います


新OS『TIZEN(タイゼン)』搭載スマホの進化はいかに!
2013年販売開始予定だそうです


category: スマートフォン関連

tb: 0   cm: 0

ray-out(レイアウト) ハードコーティング・グリッター・シェルジャケット スマホを守る  


今回レビューするのはray-out(レイアウト)のハードコーティング・グリッター・シェルジャケットです
いわゆるスマートフォンの背面を守るカバーです


IMGP9478.jpg


グリッターということで、ラメが入っていてキラキラしてます
使用する端末がGALAXY S IIIなのでGALAXY(銀河)にちなんでラメ入のものを選んでみました


『ケース表面には鉛筆コード3Hのハードコート塗装を施すことで、従来のハードケースよりも傷を低減します』とray-outのホームページに記載してありますが、なんのことだかよくわかりません
要するに従来品より傷がつきにくいということでしょう(笑)


最近のスマートフォンブームによってかなりの数のカバーが発売していますが、このray-outさんのカバーは販売数No.1だそうです
多くの人に選ばれてるってことですね!


なぜこのカバーを買ったのかというと、先程も言ったにGALAXY(銀河)にちなんでラメ入のものにしたという理由のほかに、ストラップホールがあってなおかつカバー自体が0.8mmと薄いからです


本体の薄さと色を損ねない製品がコレだったということです(笑)
しかもポリカーボネイト素材だから薄くても丈夫でしなやかなんですよね~


派手すぎないキラキラがなかなか良いです!


IMG_9487.jpg


写真中央の二つの穴がストラップホールです
これがあるのとないのでは安心感が違います


IMG_9489.jpg


スマートフォンのように高価で精密な機器は落としてしまうと画面がわれたり、マザーボードが損傷を受けたりすることが普通にあります
そういう時に落下防止の目的でストラップを付けるのですが、最近のスマートフォンはストラップホールがないものがあるんですよね~


ならばそれをカバーで補ってしまおうということです(笑)


問題の使用感ですが、薄くてつけていることを感じさせません!
それにけっこう軽いんですよね~


今回は先日購入したGALAXY S Ⅲ用のもののレビューでしたが、もちろん多くのスマートフォンに対応したモデルが出されています
カラーバリエーションや材質もかなりのバリエーションがあるのできっと自分にぴったりのものが見つかるはずです!


以上、販売終了No.1のray-out(レイアウト)製 ハードコーティング・グリッター・シェルジャケットのレビューでした!




  





category: スマートフォン関連

tb: 1   cm: 3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。