撮影機材 - りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々
FC2ブログ

りこもんぶろぐ  商品レビュー、趣味のこと、他にも色々

デジモノや食品などの商品レビューや趣味のこと、その他様々なことを不定期で19時に更新しています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

構図が決まる! SLIK SH-807N 3way コマ締め式雲台  

 
ここ1ヶ月ほど、悩んでいたことがありました
三脚の問題です
フルサイズ一眼を使うようになってからというもの、カメラ全体のシステムの大型化と重量UPで、三脚と雲台がプルプルするようになってきたのです
つまり、構図が決まらない上にブレるという減少が発生していました
それはそのはず、僕が以前使っていた小型三脚の耐荷重では無理があったのです


ということで、僕は新しい三脚にManfrottoの新型190シリーズを選びました
そのレビュー記事の中で書きましたが、雲台は別のメーカーのものを買っていたのです
ということで今回は、SLIK SH-807N 3way コマ締め式雲台のレビューです!


どどん!と
なんとも地味な箱がやってきました


IMG_3671.jpg


IMG_3673.jpg


そして箱の中から出てきたのはコチラ


IMG_3674.jpg


今まで僕は雲台を単体で買ったことがないので、このワクワク感ときたらたまりません!
伝わらないでしょうが(笑)


そもそも何故僕が雲台だけを単体で買ったのかと言いますと、Manfrottoの新190シリーズと同時に発売された雲台がなんか気に入らなかったからです
デザインは秀逸なのですが操作感がイマイチだったんですよね


今回僕が探していたのはコマ締め式という固定機構を採用した雲台です
3way雲台の固定機構には割締め式とコマ締め式の2つが存在します
双方とも基本操作は同じなのですが、決定的に違う点があります
割り締め式という方式はパン棒やティルト棒を回すほどジワジワと締め付けトルクが発生し、カメラが固定されるという仕組みです
ただ、締め付ける段階で若干動いていまうために構図がなかなかきまらなかったり、ずれてしまったりします
割り締め式を採用した雲台の多くは安価であり、三脚を購入したときについてくるものが多いです
対してコマ締め式を採用した雲台では、締め付けトルクが瞬時に高まるために、すぐにカメラが固定されます
固定時に構図が動くことがなく、少ない操作で大きな力で固定できるので、手が触れたりきたくらいでは全く動きません
とっても良いのですが、割り締め式に比べ雲台の選択肢が多くないのと値段が若干高くなります


高くても構図がピタッと決まって動かない雲台が欲しいという願望のもと、僕は理想の雲台探しを始めました
といっても、雲台にかんする知識があまりなかったため、いつも行く某家電量販店の店員さんに色々聞きました
最初に提示した条件は以下の通りです
①最低でも耐荷重5kg以上
②コメ締め式であること
③クイックシューを搭載していること
④ある程度軽いこと


その条件を提示してから、僕と店員はそれはそれは壮絶な雲台探しの旅に出るのでした
まず、旅の共である店員が言いました
店員『クイックシュー搭載でコマ締め式の雲台はないと思いますよ』
僕は唖然とした
クイックシュー搭載のコマ締め式雲台は無い…だと!!?
僕の撮影スタイルを考えるとクイックシューが無いなんて考えられませんでした
僕『え、無いんですか? 困ったなあ・・・』
店員『あ、もしかしたらベンロというメーカーならあるかもしれません。あらゆるメーカーの真似をしているメーカーなので(笑)』
店員は魔法の書(製品カタログ)を開いて探した
店員『あー、でも、無いっぽいですね~』
魔法の書は瞬時に燃え尽きた
僕『やっぱ直止め式のほうが良いんですかね』
店員『私の個人的な好みもありますが、直止め式をオススメします
クイックシューよりも剛性があるしなにより安定感がありますよ』

僕は迷いに迷った・・・
そして決断した
『直止めタイプにします!』
そこからは早かった、店員のオススメは二択だった
ハスキーの3Dヘッド、そしてSLIKのSH-807N
僕は想像を絶するあらゆるテストを行った
パン、ティルトの動き、各部の合成、質感、重量
そしてついに答えが・・・  なんかこの設定めんどくさいんでやめます(笑)


とまあ、上はもろに作り話ですが、上に書いたように候補が絞られたわけです
上記の2候補は似たような形状ですが、微妙にスペックが違います
ハスキーの3Dヘッドの重量は1230g、SLIKの807は1000g
耐荷重は前者が10kg、後者が7kgです
シェア的には圧倒的にハスキーの3Dヘッドの方が売れていると思います
どこ行っても一度は見ますからね


条件を当てはめると答えは簡単です
SLIK SH-807Nで決まりです
軽いし、十分な耐荷重があるし、ハスキー3Dヘッドより5000円ほど安いし
ハスキーのHPではコメ締め式ではなく、ハスキー式と呼ぼほど固定機構に自信があり、その実力を誇示していますが実際に触った感じでは双方とも同じような使用感でした


というわけで、我が家にやって来ました


IMG_3675.jpg


IMG_3676.jpg


金属製で高い質感です
剛性をしっかりと体感できるほどです
各部稼働部分の動くはとってもスムーズで、ガタが一切ありません
レベリングがついているので、ある程度の水平出しが簡単にできそうです


カメラの固定はダブルナットで行います


IMG_3677.jpg


溝が切ってあるので操作感が良いです
思っていたよりも簡単にしっかりとカメラを固定出来ますし、簡単に外すことができます
脱着の際はカメラの底面を傷つけないように注意したいですね


カメラ固定部は正方形でかなり広いです
カメラをしっかり固定できますし、安定性が良さそうです


IMG_3679.jpg


しかし、X-E2のようなカメラを固定するときは注意しましょう
絞りリングが台座に接触して動かなくなります
このへんはFUJIFILMの設計の甘さだと思いますが(笑)
ミラーレス一眼を載せいるような雲台ではないので、こんなことする人は少ないと思いますけどね


で、使用感ですが、期待通りでものすごく満足しています
ピタッと止まるのが快適過ぎてもう割り締め式に戻れません
構図が全くズレないし、安定感がものすごいです
わざわざ単体で買った甲斐がありました
壊れるまで長く使っていきたいですね


以上!
簡単ですがSLIK SH-807N 3way コマ締め式雲台のレビューでした!


 






今日の1枚


5D3_3725-1.jpg


先日中古で購入したEF 17-40mm F4L USMのレンズテストを兼ねて京都駅に行ってきました
線が多い建物をあえて撮影し、描写力のチェック(笑)
思っていたよりも解像度が良く、優秀なレンズです
さすがはLレンズ
色乗りもこってりした感じでCanonらしいです
広角ズームレンズは長らく離れていましたが、久しぶりに使ってみると独特のパースペクティブが面白いですね
これでフルサイズでのレンズシステムは構築されました
 





スポンサーサイト

category: 撮影機材

tb: 0   cm: 2

Manfrotto 新190PROシリーズ アルミニウム3段 三脚  

 
いやー、またManfrottoの三脚を購入しました
今年の始めごろにもManfrottoの290シリーズの三脚を購入していましたが、とある事情で買い替えとなりました
これまで使っていた三脚もまだ使うつもりなので、買い替えと言うよりは買い足しという方が正しいですね


それがコチラ


IMG_3648.jpg


IMG_3649.jpg


というわけで今回はManfrottoの新型三脚 新190PRO アルミニウム三脚 3段のレビューです!
いずれは買う必要があったものです


というのもこれまで使っていた290シリーズだと、5D MarkⅢのようなフルサイズと70-200mmのような大きくて重いレンズを組み合わせて載せた場合、風が吹いたり指が触れたりすると暫くプルプルと揺れる現象が見られていました
そうなると当然写真がブレてしましますし、肝心のタイミングでシャッターが切れないといった事象も考えられます
メーカーの発表している数値では耐荷重4kgなのでスペック上はクリア出来ているのですが、耐荷重の1/2くらいの重さ以下の機材しか載せれないと思ったほうが良いという考え方が常識です
ということは2kg以下のカメラとレンズということになりますので、上記の組み合わせ(2.6kg)では完全にアウトということです(笑)


ということで、どうしても買わざるを得ないことになってしまったという
新190PROシリーズと新055シリーズと迷いましたが、僕が必要とするスペックと使用用途を考えた上で190のほうを選択しました


IMG_3656.jpg


どどーん!とまあまあの大きさです
某家電量販店で見るとそんなに大きくないなと思いましたが、やっぱり大きいですね
4段ではなく3段の三脚にしたので一番縮めた状態でも59cmあります
飛行機の機内に持ち込める最長サイズが60cmなので、ぎりぎり持ち込めます(ANAのHPによると)
これに雲台をつけるとアウトですけど(笑)


今回は脚部のみの購入で、雲台はまた別で違うメーカーのものを買いました
それのレビューはまた後日にでもUPしたいと思います


では、簡単にこの三脚のスペックを書きたいと思います


センターポール径 25mm
脚チューブ径 26mm、22.5mm、19mm
開脚角度 25度、46度、66度、88度
伸高(センターポール格納時) 135cm
全伸高 160cm
最低高 9cm
格納高 59cm
耐荷重 7kg
自重 2kg


とまあこんな感じです
新190PROということで、新というだけあって旧型モデルがありました
今もまだ販売されているので、ありますというのが正しいでしょう(2014.06現在)


旧型モデルと比較すると多数の変更点があります
書くまでもないとは思いますが、デザインが大きく変わりました
マンフロットのイメージカラーである赤を取り入れたデザインとなっており、旧型に比べオシャレになりました
ただの道具としてのデザインにしないあたりがマンフロットらしいです


IMG_3663.jpg


IMG_3659.jpg


そして耐荷重がUPしています
旧型モデルは耐荷重5kgでしたが、新型ではなんと耐荷重7kgを達成しています
仮に雲台とカメラ本体で3.5kgだとすると耐荷重の1/2以内になるので、余裕を持って載せられるということです
僕はこの先70-200mm以上(1.5kg↑)の重量のレンズを買う予定がないので、これで十分だと思っています


格納高は64cmから59cmになりました
そのせいか旧型にくらべ伸高、全伸高共に約5cm短くなっているのと、最低高が1cmだけ高くなってます
わずかな違いなので気にすることはないと思います


あと、旧型より自重が100gほど軽くなりました
軽くなって耐荷重が2kgも増しているなんてどうなってるんでしょうね(笑)


そういえば脚チューブの太さも変わってます
旧型では太い順から25mm、20mm、16mmとなっているのですが、新型は太い順から26mm、22.5mm、19mmとなっており旧型より太くなっています
これにより耐荷重UPを実現したようです


これはデザインと共に変わった部分ですが、脚部のロックが全く新しいものになりました





名付けてクイックパワーロック(QPL)だそうです
ロックをリリースするのが従来のものより簡単に、かつ少ない力でスムーズに行えるようになっています
確かにその通りで、これまでのどのロックよりも使いやすいと思います
見た目もカッコ良い!
この機構も少なからず耐荷重UPに貢献しているんでしょうね


クイックパワーロックに加え、イージーリンクアタッチメントなるものも搭載されています





トップキャスティング(三脚の脚が繋がっているパーツ部)に何やらネジ穴があります
ここにフレキシブルアームなどの別売りアクセサリーを取り付けることで、表現の幅を広げることができるようになりました
レフ板をつけたりストロボをつけたりするなど、第3の手として使えそうです
使わない場合は付属のラバーキャップを被せておくことでゴミの侵入を防げます


とまあ、変更点といえばこんな感じでしょうか?
細かいところを見ればもっと変更点があるのかもしれませんが、大きな変更点は上記のとおりです


旧型で採用されていたセンターポールが90度倒れるギミックはしっかりと受け継がれています


manfro190.gif


操作は至って簡単ですが、初めての僕からしたら慣れが必要でした
慣れればサクッと操作できますが、慣れてないとギクシャクしそうです
ギクシャクしても別にどうってことないじゃんと思う方もいるでしょうが、写真はスピードが命ですので素早くセッティングできるに越したことはありません
かと言って急ぐと何かしらミスをするので、落ち着いて確実にセットするためにも慣れておきたいものです


実際に使ってみた感想はといいますと、かなり良いです!
別に買った雲台と三脚で3kgほどになりましたが、思っていたよりも重くないので持ち運びが苦ではありません
剛性があるのでカメラを載せていても安定感を感じられます
脚の開脚角度がほぼ自由なのでこんなアングルも狙えます


image_2014062311020677e.jpg


今までにないアングルでの安定した撮影が可能になったので、僕としてはかなり嬉しいです
積極的に三脚を使っていきたくなります(笑)
風景撮りをメインにしている人には必須ですよね


Manfrottoには今回レビューした190シリーズの他に055シリーズもあります
そちらは190シリーズとギミックは同じですが、自重が190よりもあります
その分、耐荷重も2kg程度UPしています
なので購入する際には自分の用途をしっかりと考えて買うことをオススメします
僕みたいに担いで歩く人には尚更です
軽さは正義ですからね(笑)


以上!Manfrotto 新190PROシリーズ アルミニウム3段 三脚のレビューでした!


  






今日の1枚


image-3_20140623113145feb.jpg


SONYのAマウント機であるα77のMarkⅡが発売されています
秒12コマの高速連写をしっかりと受け継いでいる上、位相差AFの測距点が19点から79点に増えたことで更に動体に強くなったらしい
実際に使ってみると連写はサクサク、AFは俊敏で快適だと思いました
が、しかし、測距点は増えれば良いというものではないし、連写のたびにファインダーがブラックアウトしてカクカクした表示になるのが気になりましたね(笑)
やっぱり光学ファインダーのほうがまだまだ動体を追いかけやすいです
そうなると測距点の増加と連写の意味が薄れてくる気がするのは僕だけでしょうか?
 


 



category: 撮影機材

tb: 0   cm: 0

ミラーレスに最適! HAKUBA エネプレン カメラジャケットM  

 
僕は5月末にとあるミラーレス一眼を購入しました
いつでも持ち歩いてスナップショットを撮るために買ったのですが、持ち歩くためにはケースが必要だと思う性分で(笑)ケースを探していました


IMG_3682.jpg


スナップショット用なので、作品撮影用には5D3がありますし、X-E2は別に雑に使っても良いカメラなんですが、11万円もしたカメラとレンズなのでやっぱ綺麗に使いたいじゃないですか
ということで購入したのがコチラ


IMG_3683.jpg


HAKUBAのエネプレン カメラジャケット Mサイズです
大きめミラーレス一眼サイズと書いてありますが、そんなに大きい商品ではありません


X-E2のような見た目がクラシカルなカメラには革製のケースのほうが似合いそうですが、革製のケースは雨や汚れがシミになったり、摩擦に弱くて傷がついたりするのでネオプレン素材のこのケースを選びました
素材的にはこっちのほうが絶対衝撃吸収に長けてますしね
ある程度の撥水もしてくれる素材なので、汚れにも強いはず・・・
そして軽いしね


ケース内面はこんな感じになっています


IMG_3686.jpg


カラーにもよると思いますが、内面はオレンジ色です
カメラを入れるとこんな感じになります


IMG_3688.jpg


IMG_3689.jpg


あ、そうそう
カラーをブラウンにしたのはストラップの色に合わせたかったからです
他にはブラック、ネイビー、グレーがありました
カメラボディの色や好みによって選択肢がありますが、地味な色ばかりですね(笑)


X-E2にはおおよそピッタリかなと思いきや・・・


IMG_3691.jpg


カメラ本体はケースに入りきってはいるのですが、ベルクロが・・・
ややカメラが大きいようです
まあカメラが守られればそれで良いので、使用上はなにも問題はありません


どうしても革製のケースが良いんだ!!!
って人意外にはオススメします(笑)
価格も安いし、傷や汚れを気にしなくて済むし積極的に使っていけます
雑に使っても問題なし
ケースはそれくらいのもので良いと思うのです


以上、HAKUBA ピクスギア エネプレン カメラジャケットMのレビューでした!


 






今日の1枚


FXE21025-4.jpg


紫陽花の花を下から覗きこんで撮影したものです
花というのは上や横から見るのが綺麗であり、一般的です
でもそんな概念を捨てて下から覗いてみるとまた違った魅力に気がつくことがあります
青い紫陽花には綺麗な透き通る青を見ることが出来ました
光が透過しているからこそ見れる魅力です
題して『透き通る青』
概念を捨てるのは難しいのですが、視点を変えて見てみると物事のまた違った一面をみることができますね
 



category: 撮影機材

tb: 0   cm: 0

対角魚眼は使える? Canon iVIS mini レビューpart3  


長らくお待たせしました(笑)
前回の動画編に引き続き、今回は静止画編です!


IMG_1334.jpg


170度の対角魚眼を活かして、スチルカメラとしても使いたいと思っていた僕にとっては、実は今回が本命です(笑)
あくまでビデオカメラですけどね


サクサクいきたいと思うので、早速作例をどうぞご覧ください!


IMG_0074_20140525232627750.jpg


IMG_0079.jpg


IMG_0080_20140525232630085.jpg


IMG_0086_2014052523263560b.jpg


IMG_0087.jpg


IMG_0088.jpg


対角魚眼特有の歪みが凄いですよね
水平線もあったもんじゃありません(笑)
中央から外れるものは全て規則正しく歪みます


マニュアルフォーカスはできないので、もちろんオートフォーカスまかせにして撮影しました
AFが迷ったり、ピントを外したりすることがあったものの、なかなか綺麗に撮れていると思います
センサーサイズが小さいこともあってか、流石にダイナミックレンジは広いとはいえませんね
明暗の差がけっこうきつく出ます


思っていたよりもレンズは優秀で、パープルフリンジなどが目立つことはないように思います
隅々まで必要十分に解像しています
写真をクリックして拡大表示していただければ、シャープなのがよくわかると思います
やはりボケ表現は楽しめませんがこれはこれで面白い描写です


こんな風にビヨ〜ンと歪ませてみたり(笑)


IMG_0090.jpg


被写体が引き立つというか、ストレートに撮っても面白くなります
あと、画角がとっても広いこともあって、周りがどんな場所なのかがわかりやすい写真になってますよね
場所や被写体によっては良し悪しがありますが(笑)


サクサク機敏に撮影!とはいきませんでしたが、画角を活かした表現を無限大に楽しめるビデオカメラだと思います
気軽に魚眼が楽しめて、画質もバッチリ!動画もバッチリ!な1台だと思います
iPhoneなんかではアプリで擬似魚眼写真なんかも撮れたりしますが、やっぱり本物の魚眼は凄いですよ!
でも欲を言えばMFが出来たりだとか、アスペクト比を容易に変更できるなんていう機能も欲しかったですね


とっても簡単に書きましたが、以上でCanon iVIS miniのレビューを完結したいと思います
興味のある方は是非Canonのサービスセンターなどでお試しあれ!
ではでは!






今日の1枚


image-2_20140531182858143.jpg


タイトルをつけるならば『違和感』といったところでしょうか
一応水平をとった写真ではありますが、見ればみるほどに違和感を感じます
木や中央に写ったモニュメントはしっかりと垂直にのびています
サクッとiPhoneで撮影した写真にしては面白いものが撮れました(笑)
 




category: 撮影機材

tb: 0   cm: 0

どうでしょう? Canon iVIS miniレビューpart2 動画編  

 
ということで今回はCanon iVIS miniのレビュー第二弾!
動画のテストとレビューをしたいと思います


IMG_1334.jpg


スチルカメラにはまあまあ詳しい方だと自負している僕ですが、ビデオカメラにはそんな詳しくはないので素人レベルのレビューになるかもしれません
悪しからず(笑)


動画に関するスペックだけおさらいしておきますと・・・
・映像記録形式 MP4
・有効画素 899万画素(動画記録時)
・最低撮影照度 10ルクス
・16.8mmの超広角(35mmフィルム換算)
・シャッタースピード 1/30~1/2000(30p記録時)
・3タイプの動画画質 24Mbps&17Mbps(何れもFullHD)&4Mbps(HD)
ざっとこんな感じでしょうか


特筆すべきはやっぱり画角でしょう
16.8mm対角160度の超広角魚眼レンズ搭載なのがこのカメラの特徴です


今回のテストでの設定と環境は以下の通り
・オートホワイトバランス
・オート露出
・1920×1080 30p 24Mbpsの最高画質
・徒歩で手持ち撮影
・天候曇り 時刻16時前後


では、テスト動画を御覧ください
最高画質の1080pでの視聴をオススメします





どうでしょう?
画質に関してはまあまあの高画質だと思います
パンフォーカスなので隅々まで解像しているように見えますね
30pというフレームレートですが、画角のおかげもあって気になりません
わりとスムーズに動いている様にみえると思います


音声も高音質だと思います
録音はもちろんステレオです
メイクはカメラ前面にのみ配置されているので、後方の音声は拾いにくいかもしれません
その仕様が吉と出る場面もあるでしょうし、凶と出る場面もあるかと思いますが、それは使い方でカバーできるでしょう
ちなみに外部マイクは非対応です


撮影していて思ったのは、バリアングルなのでモニターが確認しやすいのと、とにかく軽いのが便利だということです
長時間持っていて苦になりませんし、ビデオカメラ持ってますよ!って感じじゃないのであまり警戒されずに撮れます
一瞬見ただけではスマホか財布のように見えるので、見た目のアドバンテージは大きいと思います


動画内でも述べていますが、オートホワイトバランスが優秀です
ほとんど外れがないので、どんなところでも安心して使えますよ


ハードな使い方をするとバッテリー残量が気になることもあるかもしれませんが、僕が1日使う分には問題ありませんでした
具体的には動画30分と、静止画15枚程度でしょうか?
どちらかというと記録的な意味で撮ることが多いかめらだと思うので、長時間撮影したりはしませんでした


気になるところといえば、プレビューする際の画面の解像度の粗さと、録画開始&停止を押した際に若干のタイムラグがあることくらいです
押してすぐに撮影が始まるわけではないので、その点だけ注意が必要かと思います


本当に簡単なレビューですが、Canon iVIS miniの動画編のレビューでした!






今日の1枚


image-7.jpg


Nikonのミラーレス機 Nikon1 V3です
AF追従で秒間20コマを達成した動体撮影に適したカメラだと言われています
1インチで1800万画素超えという超高画素故に、高感度(ISO1600以上)ではノイズの多さが否めません
ディテールのことを考えると、使えるのはISO400程度かもしれませんね
秒20コマというのはもちろん電子シャッターで、メカニカルでは秒6コマとごく平凡です
D800といい、Nikonは超高画素化に積極的ですが、書き出し速度向上、高感度画質向上を考えると1000万画素程度が僕は望ましいんじゃないかと思います
あと、何故ファインダー内蔵を継承しなかったのかが謎です
内蔵なら欲しかった











category: 撮影機材

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。